R・マキロイがプレーオフ制しWGC3勝目 松山11位、川村22位、石川67位

R・マキロイがプレーオフ制しWGC3勝目 松山11位、川村22位、石川67位

プレーオフを制したマキロイがWGC3勝目を挙げた(撮影:GettyImages)

<WGC-HSBCチャンピオンズ 最終日◇3日◇シャーシャン・インターナショナルGC(中国)>

世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-HSBCチャンピオンズ」の最終日は、ともにトータル19アンダー・首位でフィニッシュしたローリー・マキロイ(北アイルランド)と昨年覇者のザンダー・シャウフェレ(米国)が優勝をかけたプレーオフに突入。1ホール目でバーディを奪ったマキロイがシャウフェレを下し、大会初優勝、4年ぶりのWGC3勝目を飾った。


トータル17アンダー・3位にルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)。トータル15アンダー・4位タイにエイブラハム・アンサー(メキシコ)、ビクトル・ペレズ(フランス)、マティアス・シュワブ(オーストリア)が入った。

松山英樹は7バーディ・1ダブルボギーの「67」をマーク。トータル11アンダー・4位タイで4日間を終えた。

日本勢2番手はトータル7アンダー・22位タイの川村昌弘。石川遼は「73」と1つ落とし、トータル7オーバー・67位タイだった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>