ハン・ジュンゴンが4年ぶり優勝 今平周吾は逆転許し1打差・2位

【マイナビABCチャンピオンシップ】ハン・ジュンゴンが4年ぶりV 今平周吾は失速し2位

記事まとめ

  • マイナビABCチャンピオンシップ最終日が終了し、ハン・ジュンゴン逆転優勝を決めた
  • ジュンゴンの優勝は、2015年「カシオワールドオープン」以来4年ぶりのツアー4勝目
  • 今平周吾は15番から失速し2位、3位は小平智、4位タイは藤田寛之と岩田寛ら

ハン・ジュンゴンが4年ぶり優勝 今平周吾は逆転許し1打差・2位

ハン・ジュンゴンが4年ぶり優勝 今平周吾は逆転許し1打差・2位

ハン・ジュンゴンが4年ぶり優勝!(撮影:村上航)

<マイナビABCチャンピオンシップ 最終日◇3日◇ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7200ヤード・パー72>

国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」の最終日が終了。首位と1打差・2位から出たハン・ジュンゴン(韓国)がこの日に「67」をマーク。最終ホールでイーグルを奪い、トータル19アンダーで逆転優勝を決めた。ジュンゴンの優勝は、2015年「カシオワールドオープン」以来4年ぶりのツアー4勝目となる。


トータル15アンダー・単独首位から出た今平周吾は、15番から連続ボギーを叩くなど失速。こちらも最終ホールをイーグルで終えたが、最終日を「69」でホールアウト。1打足りずトータル18アンダーで単独2位となった。

首位と3打差・3位に小平智、5打差・4位タイには藤田寛之と岩田寛、リチャード・ジョン(カナダ)が続いた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>