同伴競技者をも魅了した渋野日向子 1週間の歓迎ムードに「自由で楽しかった」【シブコin台湾】

同伴競技者をも魅了した渋野日向子 1週間の歓迎ムードに「自由で楽しかった」【シブコin台湾】

同伴競技者のキャディもシブコファンに!(撮影:ALBA)

渋野日向子の米国女子ツアー2戦目が終了した。「スインギング・スカーツLPGA台湾選手権」は39位タイ。初日と最終日はともに「69」をマークしたが、「レベルが違いすぎた」と優勝したネリー・コルダ(米国)とは15打差。風が強い台湾特有のコンディションの中でも2ケタアンダーが14人もいる中で、4日間苦戦し通しだった。


はじめての芝に風。「いい勉強になった」と話すが悔しさはひとしおだろう。珍しくいら立ちを見せるシーンが多かったが、逆にいえば課題も多く見え、今後の成長にはプラスになる。レベルアップのための手本を4日間見続けることで、ますます闘志を燃やすに違いない。

大会会長から直々に推薦の話しが来たのは数カ月前。全英優勝で世界中の人から注目を浴びてのことだった。まさに熱烈歓迎といった雰囲気で、渋野人気は日本にも負けないものだった。コース内では、「台湾人なのか日本人なのか分からないほどでした」と、台湾ファンからの日本語での声援は大きな力になった。

連日、渋野の組には上位選手組よりもギャラリーがついた。『台北シブコ会』と書かれた横断幕を掲げるファンも出現。シブコの似顔絵にスマイルと描かれたカラフル横断幕も登場した。老若男女が渋野を応援し続けた。

それはファンに限ってのことではない。最終日に同組で回ったジェイ・マリー・グリーン(米国)も同じだった。「本当に謙虚でいい子だった。とにかくかわいい。話しているときの笑顔がすごくキュートだった」と、一気にシブコの魅力に引き寄せられた。

グリーンのキャディもラウンド中、渋野に話しかけては笑いをとろうとした。「すごく気持ちのいい子。人気があるのが分かる」と、初めて会ったスマイル・シンデレラの虜になったよう。「TOTOでまた一緒にできたらいいな」と、完全に一ファンになってしまっていた。

大会会長からはすでに来年の出場も打診された。今年で開催契約が切れたようだが、来年から3年間の再契約も締結。もし再び出場となれば、渋野見たさのファンで大会がにぎわうのは間違いないだろう。出場がかなえば、会長もにんまりだ。

「いい意味で自由で楽しかった」。国内では加熱する人気に人混みを避けることを余儀なくされている渋野だが、台湾での1週間は、観光、食事、そして土曜日にはゲームセンターにも行くことができた。ほほ笑み天使に本当に笑みが戻った1週間だった。

さあ、これから日本4連戦。申ジエ(韓国)との賞金女王レースも本当の佳境。台湾で養った元気をフル稼働して、頂点を目指すシブコに期待!

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)