歴代屈指のメンバーがそろうサバイバル 初日を終えたプラチナ世代の感想は?【LPGA最終プロテスト】

歴代屈指のメンバーがそろうサバイバル 初日を終えたプラチナ世代の感想は?【LPGA最終プロテスト】

注目の安田祐香は2アンダー 合格に向けて上々のスタートを切った(撮影:福田文平)

<LPGA最終プロテスト 初日◇5日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山)◇6398ヤード・パー72>

11月5日〜8日の日程で行われている「LPGA 最終プロテスト」。今年度からツアー出場優先順位を決めるクオリファイング・トーナメントに出場するためには正会員の資格が必須となったため、これまで受験していなかった面々もこぞって受験。歴代でも屈指のメンバーがそろうサバイバルとなった。


さらに今年のプロテストは今年度より受験資格年齢も18歳以上から17歳以上に引き下げられた影響で、現在の19歳になる世代と18歳にあたる世代がともに初受験。「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」優勝、アマチュアの連続予選通過記録タイ(10試合)を持つ安田祐香や、昨年度の「日本女子アマ」、「日本ジュニア」の2冠を達成した吉田優利らを擁する2000年4月〜2001年3月生まれの“プラチナ世代”の面々が初日を終えての感想を語った。

首位と1打差の3アンダー・2位タイと好スタートを切ったのは、18年の平昌冬季五輪のスノーボード女子ビッグエアで8位入賞した鬼塚雅さんの実妹である鬼塚貴理だ。「緊張はそこまでしませんでした。練習ラウンドみたいな気持ちで行こうと意識したのが良かった」と5バーディ・2ボギー。「最終まで来ましたが、プロにならないと意味がありません。重圧がないと言ったら嘘になりますが、気負ってもいいことないですし、姉も“頑張れ〜”と連絡をくれましたので、残り3日も頑張りたいです」と話した。

最注目の安田は2アンダー・8位タイグループ。「緊張感はありませんでしたが、普段のツアーとは違うなという感じでした。出だしの1番で7mと長いのが入ったのでいいスタートが切れました。ショットは(最後に出た)マスターズGCより良くなっていますがまだ油断できません。あしたからも欲を出さずに行きたいですね」と大人びたコメント。それでも、全て話し終わった後、「1日終わっても全然ホッとしない!(笑)」と本音も。

昨年の「大王製紙エリエールレディスオープン」で優勝争いを演じて7位タイに入った上野菜々子は1アンダー・15位タイ。「パターを1回打つ度に寿命が縮まりました(笑)」と冗談めかしつつ緊張感の度合いを話した。さらに親交のある渋野日向子に「プロテストまでの期間どう過ごせばいいですか?」と質問したところ『みんな不安だし練習どおりやれば大丈夫だよ』との返事をうけたことを明かし、「適当だなぁ(笑)」と思いつつも「2次とかでも結果を気にしていてくれていたみたいで」と先輩の優しさを実感。「今日はパットがショートしていました。“壁ドン”パットはきついけど……50cmオーバーくらいにしておきます」と先輩の話を交えつつ、笑顔で修正点を語った。

同じく1アンダー・15位タイの吉田は「ショットが安定していて思っていたよりもいいパフォーマンスができました」と納得のホールアウト。「最初は指先に感覚が伝わりませんでした」と緊張感は凄まじかったが、5番、6番と連続バーディを奪えたことで緩和。3バーディ・2ボギーにまとめた。「春から夏にかけてケガ(左手首)があってから“何か違うな”という感覚があったのですが、ようやく(ケガ前に優勝争いをした)サロンパスカップくらいにもどってきました」とここに来て復調。「例年通りプロテストが7月開催だったらケガで出られていなかった。とても幸運ですし、調子も上がってきた。これを生かせるかどうかは自分次第なので頑張りたい」と意気込んだ。

その他、昨年の「日本女子オープン」ローアマチュアの後藤未有、高校1年時から長くJGAナショナルチームに在籍してきた佐渡山理莉も1アンダー・15位タイ。昨年の「アジア女子アマ」2位の西村優菜はイーブンパーの27位タイ。17年の「日本女子オープン」で3位に入った小倉彩愛、今年の「ヨネックスレディス」で7位タイに入った大田紗羅は2オーバーの53位タイと出遅れている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>