渋野日向子、河本結の米ツアー参戦に「結ちゃんらしい」

渋野日向子、河本結の米ツアー参戦に「結ちゃんらしい」

渋野日向子は河本結の行動力に拍手(撮影:上山敬太)

<TOTOジャパンクラシック 事前情報◇6日◇瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)◇6659ヤード・パー72>

2週連続の米ツアーに臨む渋野日向子が、米ツアーの最終予選会(Qシリーズ)を9位で通過し、来季から米国に主戦場を移す河本結の決断力に感心。


河本とは同い年で、昨年のプロテストでともに合格した同期。「同じようにテストを受かって、2年目でアメリカに行く姿勢はすごいと思う」とコメントした。さらに「すぐに行動に出せるのは結ちゃんらしい。本当に行動力がすごい」と、かねて世界で戦うことを目標にし続けた河本に“拍手”を送った。

そのうえで、自身の米国進出については「私は私だと思う」と、マイペースを強調。「まだアメリカで戦う覚悟ができていない。もっと覚悟を決めて、レベルを上げてから行きたいと思います」と、まずは気持ちの整理をつけることが必要と話した。

だがこの日には「来年の予選会に出ます」と、2021年から本格参戦する意向も口に。20年シーズンは推薦試合などに出場しながら、その後の布石を打つ年にするという渋野陣営の考えも明らかになった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>