レギュラー優勝者なのにプロテスト受験 規定の狭間で生まれた不運【LPGA最終プロテスト】

レギュラー優勝者なのにプロテスト受験 規定の狭間で生まれた不運【LPGA最終プロテスト】

レギュラーツアー優勝者も参戦している…(撮影:福田文平)

<LPGA最終プロテスト 初日◇5日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山)◇6398ヤード・パー72>

岡山県にあるJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開催されている「LPGA最終プロテスト」。歴代でも最高クラスと呼ばれる100名が出場して合格するのは20位タイまでという狭き門のサバイバルには、2016年の「ヨネックスレディス」の覇者ポラニ・チュティチャイ(タイ)も名を連ねている。


規定の狭間が生んだ悲劇だった。単年登録制度施行によってできたLPGAツアー優勝者によるプロテスト免除は2011年7月末に一度廃止。そこから6年のときを経て、17年度から再開(18年からは賞金シード選手にも正会員の資格付与)された。

だが、この制度は遡っての適用はされず、チュティチャイは現在単年登録者。今年度からツアー出場優先順位を決めるクオリファイング・トーナメントに出場するためには正会員の資格が必須となったため、受験せざるを得なくなった。

本人はどう思っているのか。「アイドンノウ…」と話すと少し間を置いて、「アンラッキーだった、としかいいようがないですが、プロテストに通れると自分に言い聞かせて頑張っています。信じてやるだけですね」。嘆いている場合ではないと、切り替えて臨んでいる。

そのチュティチャイは2日間を終えてトータル1オーバーの25位タイ。「今日は昨日よりも風が強くて難しかったですね。ホールによってはピンを狙えないホールもありました。ですが、粘ることはできたのであと2日アンダーで回って突破できるように頑張りたい」と話した。

ちなみに韓国ツアーのメジャーを制した経験のあるアン・シネ(韓国)はトータル6アンダーの首位タイでターン。『韓国のメジャー覇者のプライドはありますか?』という質問に「全くありません」と答えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)