「消費税以下の確率ですかね」伊澤利光2戦連続Vに挑む マークセンは4年連続賞金王を視野に

「消費税以下の確率ですかね」伊澤利光2戦連続Vに挑む マークセンは4年連続賞金王を視野に

深堀圭一郎、松井功(大会トータルプロデューサー)、伊澤利光、前年覇者のB・レーンの4人が健闘を誓い合った

<富士フイルム シニア チャンピオンシップ 事前情報◇6日◇江戸崎カントリー倶楽部(茨城県)>

今年で12回目の開催となる国内シニアツアー「富士フイルム シニアチャンピオンシップ」の開幕を明日に控えた6日、メディアデーが行われ、2週前の「福岡シニアオープン」でシニア初優勝を遂げた伊澤利光が“得意”の2戦連続優勝に意欲を見せた。


昨年から茨城県の名門・江戸崎カントリー倶楽部に舞台を移した。松が趣深い丘陵林間コースで、昨年はピッチマークがつかないほどグリーンを硬く仕上げて難度を高めた。今年は昨年以上にラフを深くしている。グリーンはこの日までソフトだったが、「明日からびっくりするぐらい硬くする」(松井功大会トータルプロデューサー)と今年も仕上げる予定だ。

練習ラウンドを終え記者会見に出席した伊澤は、コース攻略にティショットの重要性を挙げた。「グリーンはまだ硬くありませんが、硬くなると難度が上がります。しっかりとフェアウェイをキープして、2打目でいいラインにしっかり乗せて、バーディを取っていいプレーをしたい」。シニア入り後、グリーン上で苦戦することが多かったが、今年の平均パット数は1位。ショットで好機を演出して「最近、良くなってきた」というパッティングでバーディを量産する構えだ。

「優勝スコアは12〜13アンダーぐらいですかね」と話す伊澤。「調子は引き続き悪くない」と2戦連続優勝の期待も膨らむ。「(2連続優勝は)運とかもあるのでね。確率的には数パーセントでしょ。消費税(10%)以下ですよ(笑)」とおどけたが、通算16勝のレギュラーツアーでは、2戦連続優勝は3度も経験している。勝ち方を知っている男に死角はない。

伊澤の2戦連続優勝にストップをかけたいのが、シニアルーキーの深堀圭一郎。レギュラーツアーで、初めて優勝争いを演じたのが1996年の「デサントクラシック マンシングウェアカップ」(結果は4位タイ)で、その舞台は江戸崎だった。「当時はこのコースでレギュラーでやっていける自信がつきました。シニアでもこのコースをいいきっかけにしたい」。今季10試合に出場してトップ10入りは4回を数えるが、まだ優勝には手が届いていない。「伊澤さんは優勝まで1年以上かかったので、私ももう少し苦しまないといけないのかも。どこかで自分が優勝する番が来るのを待ちたい」と思い出の舞台で虎視眈々とシニア初優勝を狙う。

なお、国内シニアツアーは今大会を含めて残り3試合と、賞金王争いも大詰めを迎えている。約4393万円を稼いで賞金ランキング1位のプラヤド・マークセンは、同2位のタワン・ウィラチャンに約1144万円の差をつけている。残り2戦の優勝賞金は合わせて720万円。今大会終了後、2位に721万円以上の差をつければ、4年連続の賞金王が決まる。今大会を含めて残り3連勝で逆転の可能性があるのは2位のウィラチャン、3位の倉本昌弘(約1282万円差)、4位の秋葉真一(約2009万円)の3人だけ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>