石川遼はドライバーに悩み出遅れ 「ドライバーが頭の9割を占めている感じ…」

石川遼はドライバーに悩み出遅れ 「ドライバーが頭の9割を占めている感じ…」

石川遼はドライバーに悩み出遅れ(撮影:佐々木啓)

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 初日◇7日◇PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄)◇7226ヤード・パー71>

ラウンドを終えると、思わず長い息が漏れた。第一声に発したのは「よくわからないですね…」。海沿いから吹き付ける強い風に加えて、続くドライバーの不振に悩まされる。


初日はダブルボギーでのスタートと躓き、4つのバーディを獲ったが流れに乗ることはできなかった。4バーディ・6ボギー・1ダブルボギーの「75」でホールアウト。95位タイは、腰痛のため棄権した「中日クラウンズ」(107位)に次ぐワーストでの滑り出しとなった。

「ドライバーだと、フェアウェイの真ん中を狙っているのに、右に抜けたり左のOBが出たりする。自分でも、どっちに飛ぶか分からない」。今季2勝を挙げた勢いはなりを潜め、練習場でも思うようなドライバーショットが打てていない。

今季課題としてきたドライバーが上向きになってきた手応えはあったが、「ちょっとした気持ちの変化やプレッシャーが、もの凄く大きなミスにつながっている感じ。飛距離に関しては伸びているかもしれないですけど、よくはなっていないんだろうなと思う」と肩を落とす。ドライバー以外のクラブが悪くないだけに、より一層ドライバーのミスが頭に残る。「他が良くてもドライバーがずっと頭の中で9割を占めている感じ。そこがまだまだ」と、言葉少なに会場を後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)