“福岡のレクシー”&“熊本のジュタヌガーン”が登場? 気持ちで飛距離は伸びるのか?【きょうの“パンチショット”】

“福岡のレクシー”&“熊本のジュタヌガーン”が登場? 気持ちで飛距離は伸びるのか?【きょうの“パンチショット”】

“博多のジュタヌガーン”こと大里桃子(左)と“福岡のレクシー”こと三ヶ島かな(撮影:ALBA)

トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が多い現場記者。そのなかで『あの時、何を考えていたの?』、『今ハマっているものは?』、『プロの悩みって?』…のような選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)話をお届け!【TOTOジャパンクラシック】


開幕前の練習ラウンドでは、2人の九州娘が「楽しい」調整で気持ちを高めた。それが三ヶ島かなと、初出場の大里桃子だ。「TOTOジャパンクラシック」の練習場やコースでは、海外勢のパワフルなスイングを至るところで目にするが、その迫力や音は、さすがの一言。そして、それを見て驚きを隠せないのは日本のプロ達も同じだ。

そんなコースで、一緒に練習ラウンドを行った三ヶ島と大里が、“飛ばしの秘訣”を編み出していた? なんでも「お互いを“福岡のレクシー”と“博多のジュタヌガーン”って呼びながらプレーしました(笑)。『さすが、飛ぶねー!』とか言い合いながら」(熊本県出身の大里)と『飛ばしている』と自分たちに思いこませることで、打倒海外勢の対策を練った(??)。

福岡県出身の“レクシー”こと三ヶ島に、その心理作戦の効果のほどを聞くと…「全然飛距離は変わらなかった(笑)」。ただ「九州弁を話しながらプレーできるのはやっぱりいいですね」と、同じ九州勢とのラウンドでリラックスムードの調整となった。

ちなみに2人の今季ドライビングディスタンスは、大里が238.20ヤードの日本43位で、三ヶ島が231.76ヤードの同74位。本家のレクシーは277.11ヤードで米国5位で、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)が267.36ヤードの同30位だ。この差をセカンドショットの精度や、アプローチ技術、さらにはホームの利を生かして埋める“大和撫子”たちの姿に期待したい!

<ゴルフ情報ALBA.Net>