アン・シネがプロテストに合格! 泣くほどのピンチを救ったのは…“一番搾り”!?【LPGA最終プロテスト】

【LPGA最終プロテスト】韓国のアン・シネが見事合格 「幸福なことだと思います」

記事まとめ

  • アン・シネが「LPGA最終プロテスト」最終日、15位タイで見事合格を果たした
  • シネは2日目を終えて首位タイだったが、土俵際まで追い込まれていた
  • そんなシネを救ったのは「キリンの一番絞り」で、リラックスすることができたと話した

アン・シネがプロテストに合格! 泣くほどのピンチを救ったのは…“一番搾り”!?【LPGA最終プロテスト】

アン・シネがプロテストに合格! 泣くほどのピンチを救ったのは…“一番搾り”!?【LPGA最終プロテスト】

“セクシー・クイーン”アン・シネは通算1アンダーで合格を果たした(撮影:福田文平)

<LPGA最終プロテスト 最終日◇8日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山)◇6398ヤード・パー72>

韓国メジャー覇者には屈辱的だとも言える戦い。それでも「そのプレッシャーはありません。高校生の子たちもいますが、選ばれしものの戦いですし幸福なことだと思います」と乗り切った。「LPGA最終プロテスト」最終日、アン・シネ(韓国)はトータル1アンダーの15位タイで見事合格を果たした。


前日は荒れていた。2日目を終えて首位タイと最高の位置でターンしたが、3日目に「言葉にならないくらい調子が悪かった」とまさかの「77」。楽勝ムードから一転、土俵際まで追い込まれた。

そんなシネを救ったのは日本のビールだった。「きのうはすごく叩いてしまったので、とても悲しく、悔しく、怒りもあって帰りの車で少し涙を流してしまいました」。でも、こんなことじゃダメだと前を向く。「そう思ってキリンの一番絞りを購入しました。大きいのと小さいのがあってさすがに小さいのにしましたけど(笑)。それで吹っ切れてリラックスすることができました」。すっかり立ち直ると、風が吹き、気温が上がらないコンディションでも「72」。パープレーにまとめて合格ラインをキープ。「今日はキリンパワーで頑張れました(笑)」と口も滑らかだ。

2017年に日本ツアーへ参戦してから3年目。ツアーから撤退せざるを得なくなるかもしれないピンチをしっかりと乗り越えた。「これから(来季の出場権をかけた)QTもありますが、1つ1つ通過していきたいですね。ひとまず、きょうは2度とプロテストを受けなくていいことを楽しみたい。きょうは大きい方を飲もうと思います(笑)」。今季最大の難所をクリアしたセクシー・クイーンには、きっと最高の一杯が待っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>