2週連続Vへ好発進!…も無欲強調 鈴木愛、優勝は「全然意識していない」

2週連続Vへ好発進!…も無欲強調 鈴木愛、優勝は「全然意識していない」

無欲の鈴木愛が2連勝にスタートダッシュ(撮影:上山敬太)

<TOTOジャパンクラシック 初日◇8日◇瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)◇6659ヤード・パー72>

2週連続優勝へ鈴木愛が好発進を切った。6バーディ・1ボギーの5アンダーでホールアウトし、ハナ・グリーン(オーストラリア)と並ぶ首位タイ。日本ツアーのエースが、母国開催の米ツアーでもその強さを見せた。


上がり2ホールの連続パー5。17番で30cmのチャンスを決めると、続く18番でも2mのバーディパットを沈めトップに並んだ。後半に4バーディ(1ボギー)を奪うラウンドだったが、「いい意味で落ち着いてプレーできて、周りを見ながらプレーができました。1ホール1ホールどう攻めていこうかを考えたら結果がよかった」と、ここでもやはり落ち着いてその内容を振り返った。

今季6勝目、さらに初の“米ツアー制覇”に向けて、これ以上ない初日だったが、本人は無欲を強調。逆転での賞金女王、来年の東京五輪に向けた世界ランクアップなど、ここからの1試合が持つ意味は重いが、「(ケガから)復帰したばかりなので欲張らずにやっていこうと思う。優勝は全然意識しません。日曜日のバックナインに入ればちらつくだろうけど、明日はとにかく60台を出せれば100点ですね」と“肩の力を抜いて”プレーを続ける。

だが、“周囲の期待に応えたい”という気持ちは強い。東京五輪については「自分自身が出たいというよりも、スポンサーさんや友人がすごく期待して待ってくれているので」とお世話になっている人を喜ばすことが一番にある。

現在の世界ランクは4位の畑岡奈紗、13位の渋野日向子に次ぐ24位。これを年内に20位付近まで上げることが、今の目標。「優勝しないと一気には上がらないと思うので、毎週上位をキープしながら1、2個ずつ上がってくれればいいかな」。米ツアー優勝なら当然、大きなランクアップを期待できるが、自然体の先に今は勝利を見据える。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>