女王争いは明暗くっきり 申ジエと鈴木愛は優勝争い、渋野日向子は8か月ぶり予選落ちに涙

女王争いは明暗くっきり 申ジエと鈴木愛は優勝争い、渋野日向子は8か月ぶり予選落ちに涙

渋野日向子は悔しい予選落ち 女王の座が大きく遠のいた(撮影:鈴木祥)

<伊藤園レディス 2日目◇16日◇グレートアイランド倶楽部(千葉県)◇6741ヤード・パー72>

国内女子ツアーは残り3試合。その第1ラウンドとなる「伊藤園レディス」は予選ラウンドが終了。賞金ランキング1位の申ジエ(韓国)が首位タイ、同2位の鈴木愛が1打差3位タイにつける一方で、同3位の渋野日向子はカットラインに1打足らず3月の「アクサレディス」以来となる予選落ちを喫した。


3アンダー・15位タイから出たジエは、前半だけで6バーディを奪う猛チャージ。18ホール最少スコア記録も期待されたが、後半はぱったり。パーが並ぶ展開が続いた。「前半でいいプレーができたので“もっといきたい”という気持ちが強くなってしまいました」。リズムが速くなり、上体の起き上がりも早くなっていた。「16番でそのことに気がつきました。意識するようになったらまた良くなりました」と17番でもバーディを重ねてホールアウト。持ち前の修正力でライバルを抜き去った。

「今日は自分に集中してプレーできました。あしたも同じようにプレーしたいですね。最近優勝がないので、あしたは優勝するためにいいイメージを持っていきたい」。鈴木も1打差とぴったりとつけてきているが、「いいライバルがいることはいいプレーにつながります」と刺激に変えて女王の座をグッと引き寄せる。

一方の鈴木は序盤は停滞気味のプレーが続いた。6番で最初のバーディを奪ったものの、7番で3パットのボギー。それでも「流れを引き寄せようとして強く打って3パットするケースが多かった。いいイメージを出せて、パットがどばどば入るタイミングを待ちました」と我慢のゴルフを展開。するとバックナインで3連続を含む4つのバーディを奪取。女王争いの筆頭に食らいついた。

まだショットの状態は「いい」とは言えないが、「今は上にジエさんがいて追いかける立場。頑張らないと差が開きます。あしたはプレッシャーをかけられるように追いかけたい。いいスコアを出せるように調整したいですね」と精神状態は良好。「面白い展開にできればと思っています」と不敵に笑う。

優勝争いにしっかりと加わった2人に対して渋野は精彩を欠いた。4番から3連続バーディを奪う格好のスタートだったが、7番ボギーのあと折り返しての11番でアプローチミスにパーパットが4mオーバーするなどダブルボギー。17番でバーディを奪って息を吹き返したように見えたが、18番で2打目をバンカーに入れると2mのパーパットを決められず。結局、その1打が響いて今季3度目の予選落ちとなった。

ホールアウト後には涙を拭うシーンも見られた。「ショックです……。ちょっと泣きそう……。すみません……。情けないの一言。まだまだだなって思い知らされました。もう私の口から賞金女王(を目指す)とは言えない」と肩を落とした。

これでランキングトップ3の内、今週の賞金加算は2人に絞られた。鈴木が優勝ならジエの順位に関係なく、6月以来の賞金ランキング1位に返り咲きとなる。鈴木が1位の座を奪取するのか、ジエがさらにリードを広げるのか。激化する女王争いに注目だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>