鈴木愛が史上2人目の3週連続V達成 賞金ランキング1位に返り咲き

鈴木愛が全美貞以来史上2人目の3週連続V 申ジエを抜き賞金ランキング1位に返り咲き

記事まとめ

  • 国内女子ツアー・伊藤園レディスの最終日に、鈴木愛が逆転し今季7勝目を果たした
  • 鈴木は全美貞以来ツアー史上2人目の3週連続優勝を達成、申ジエを抜き賞金ランク1位に
  • トータル13アンダー・単独2位は大山志保、トータル12アンダー・単独3位はペ・ソンウ

鈴木愛が史上2人目の3週連続V達成 賞金ランキング1位に返り咲き

鈴木愛が史上2人目の3週連続V達成 賞金ランキング1位に返り咲き

逆転で3週連続優勝を果たした鈴木愛(撮影:岩本芳弘)

<伊藤園レディス 最終組◇17日◇グレートアイランド倶楽部(千葉県)◇6741ヤード・パー72>

国内女子ツアー「伊藤園レディス」の最終日が終了し、首位と1打差でスタートした鈴木愛が5バーディ・ノーボギーの「67」をマーク。トータル14アンダーで逆転し、今季7勝目を果たした。


前半を2アンダーで折り返した鈴木は、後半でも11番、13番と快調にバーディを重ねる。大山志保と並び首位で迎えた最終18番。ここをパーとした大山に対し、鈴木はバーディパットをしっかりと沈めて勝負あり。右手で何度もガッツポーズを作り、喜びをあらわにした。

鈴木は2007年の全美貞(韓国)以来、ツアー史上2人目の3週連続優勝を達成。また、申ジエ(韓国)を抜いて賞金ランキング1位への返り咲きが決まった。

優勝インタビューでは「(3週連続Vですね)ありがとうございます。とりあえず良かったです。ちょっとだけメンタルが強くなりました。ジエさんと回って勝てたことも自信になりました」と、勝利を喜んだ。

トータル13アンダー・単独2位に大山。トータル12アンダー・単独3位にペ・ソンウ(韓国)が入った。今大会をもってツアーを引退する大江香織はトータル9アンダー・9位タイだった

<ゴルフ情報ALBA.Net>