“暴言問題”について涙の謝罪 笠りつ子一問一答

“暴言問題”について涙の謝罪 笠りつ子一問一答

報道陣の前で不適切発言を謝罪した笠りつ子(撮影:鈴木祥)

10月下旬に行われた「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」会場でコーススタッフに対して暴言を吐いたとして、厳重注意と新人セミナーの受講を義務づける措置が下された笠りつ子。19日(火)には「大王製紙エリエールレディス」の会場に姿をみせ、騒動発覚後初めて、この件について報道陣に口を開いた。


冒頭のあいさつでは、「このたびは私の不適切な発言により…」と言ったところで、言葉を詰まらせ涙。その後、振り絞るように「すべての大会主催者、運営の皆様、LPGA協会、選手の皆様、ゴルフファンの皆様に対し、大変ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。LPGAの処分が下り、改めまして私の口から謝罪したく、今日この場を設けさせていただきました」と続けた。

一方的な物言いによって「相手方に迷惑がかかる」可能性を考慮した笠サイドの意向もあり、言葉を選びながらではあったが、『頭が固い、死ね』という発言について涙を交えながら反省の弁を述べた。

ー問題が表面化してからの心境は?
「1日でも早く皆様の前で謝罪をしたかったのですが、コンプライアンス(委員会)の聴取を受けている最中で、LPGAに迷惑をかけてしまっている以上、処分が下るまでは私の口からは控えさせていただきました。その間、しっかり見つめ直す時間と、今後どうしていくか、どうしたらいいんだろうと考えながら過ごしていました。

たくさんの方にお声をいただき、厳しい意見もいただきましたし、その中でも背中を押して前向きに言ってくださる方たちのおかげで、今日こうして(謝罪の場に)来ることができました」

ー色々な憶測も出ましたが、話せる範囲でその時の状況を教えてください
「当日(大会初日)のスタート前に押し問答になりました。最後、私が自らの精神の甘さで暴言を吐いてしまったことは事実です」

ー報道されている内容と理解していいですか?
「はい。暴言を口にしました」

ー押し問答のきっかけから、暴言に至るまではどれくらいの時間?
「記憶では5分くらいだったと思います。長くはないと思います」

ー今年からタオルがなくなったというのはその場で初めて知ったってことですか?
「はい」

ー今思うと感情的になってしまった?
「すべては自分の弱さから出てしまったと思います。私自身、タオルがあることが当たり前になってしまっていたというのもあります。トイレに行けばティッシュやタオルが置いてあることが当たり前だった。でも、それが実は当たり前でないということに今回気づかされた。手を拭くなら自分でハンカチを用意する。自分が使うストレッチのタオルやマットは、自分で用意するというのが普通。自分の考えが、根本的に間違っていたかなと思います」

ー今後については?
「正直、もうゴルフをやめようと思ってしまったことは事実です。でも、今回LPGAの皆様や、主催者の皆様に迷惑をかけてしまった中で、朝から晩まで私の周りの方が動いてくれていることを見ていると、私がそう簡単にゴルフをやめるとか、逃げてしまうことはダメだなと思った。

実際ゴルフに対する気力がなくなってしまったので、まず今シーズンは自粛させていただく。そして、しっかりお詫びをして、私なりにできることをやっていきたいと思いますし、その中で厳しい意見もたくさんあると思います。でも背中を押してくださる方がいる限り、今後は自分のためにゴルフをするのではなくて、応援してくださる方の思いを胸に、いつまで現役を続けられるかできるかは分かりませんが今後やれるまでやっていきたいと思っています」

ー報道の発端でもあり、大先輩でもある岡本綾子さんに思うことはありますか?

「今回、岡本さんのおかげで自分を見つめ直す時間もできましたし、すごく感謝しています。本当はこの会場でお会いして、お伝えしたかったのですが、いらっしゃらなかったので、いつか、お会いできたときに自分の口で言いたいです」

ー今大会は一身上の都合で欠場とありますが?
「ゴルフに対する思いが消えていたのと、処分が決まってまず最初に主催者の延田グループの皆様やコースにお詫びをと思っていたので、ゴルフのことは今は考えてなかったです」

ー具体的に今後の動きで決まっているものはありますか?
「まだ何をするかは決まっていませんが、まずは本当に今回ご迷惑をおかけしてしまったスポンサーさんや、言葉をかけていただいた方々のもとへいって再度お詫びをするとともに、一人でいる時間が多いと思いますので、もっと見つめ直して、どうしていくかを考えていきたいと思います。今まで自分のためにやってきたゴルフですが、今後はゴルフ界やジュニアゴルファーのことを思いながら、何ができるかはまだわかりませんが、やっていきたいと思っています」

ーセミナーには参加されるんですか?
「新人セミナーに行きます」

ー今は練習は?
「していないです」

ーオフもプロはいろいろと忙しいですが、それも自粛するのですか?
「そうですね、全部自粛させていただきます」

ー背中を押してくれた言葉で印象に残っているのは?
「古閑美保さんからは『これから強く優しい人間になりなさい』と言ってもらえたし、大山志保さんからはいつも連絡をいただいて『大丈夫?』と気にかけていただいて、『待ってるよ』って言ってもらえました」

ー来年の開幕は?
「しっかり気持ちが前向きに、100%の気持ちで挑めると思えたら出場します

<ゴルフ情報ALBA.Net>