片岡大育、近藤智弘らが苦戦 首位タイはムン・ドヨプら【男子ファイナルQT 2日目】

片岡大育、近藤智弘らが苦戦 首位タイはムン・ドヨプら【男子ファイナルQT 2日目】

片岡大育は102位タイと苦戦(カシオワールドオープン撮影)(撮影:鈴木祥)

<男子ファイナルクォリファイングトーナメント 2日目◇6日◇セントラルゴルフクラブ(茨城県)◇西コース(7165ヤード・パー72)、東コース(7096ヤード・パー72)>

来季の出場権をかけた「男子ファイナルクォリファイングトーナメント」の2日目が終了。トータル13アンダー・首位タイには、ムン・ドヨプと朴銀信(ともに韓国)の2人が立った。首位と1打差・3位にはチョ・ミンギュ(韓国)、日本勢最上位はトータル11アンダー・4位の坂本雄介となっている。


注目選手では、片岡大育がトータル1アンダー・102位タイ、近藤智弘がトータルイーブンパー・125位タイと苦戦。シニアツアーで驚異の強さを見せつけているプラヤド・マークセン(タイ)もトータルイーブンパー・125位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>