最高も最低も同じ大会 吉本ひかるが一番に選んだのはどっち?【女子プロが選ぶ“今年の一打”】

最高も最低も同じ大会 吉本ひかるが一番に選んだのはどっち?【女子プロが選ぶ“今年の一打”】

「OBから流れが悪くなった」 1打の重みは大きかった(撮影:鈴木祥)

多くのドラマが生まれた2019年シーズンに活躍した選手たちに、一番“印象”に残っている1打を挙げてもらった。良かったものを挙げる選手、悪かったものを挙げる選手。性格やその年の活躍が如実に出るこの企画。今回は、今季初シードを獲得した吉本ひかる。


2016年にアマチュアながらステップ・アップ・ツアー「ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース」で優勝するなど、勝みなみ、新垣比菜らと同様に“黄金世代”として早くから活躍していた吉本。勢いそのままに17年のプロテストで一発合格を果たしたが、同年のQTでは51位に終わり、18年はフル出場の権利を得られず。19試合の出場にとどまった。

それが開花したのが19年。QTランキング21位の資格で前半戦の出場権を得ると「Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」で4位タイ、「KKT杯バンテリンレディス」、「フジサンケイレディス」で2戦続けて2位に入るなど序盤から大活躍した。優勝こそなかったが、何度も上位に顔を出し、初シードを獲得しただけでなく、出場者が限られる「TOTOジャパンクラシック」、「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に出場するなど飛躍の一年となった。

そんな吉本が“今年の一打”に挙げたのが、公式戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」でのショットだった。同級生・畑岡奈紗と最終日最終組で争ったメジャーだ。

3日目を終えて首位の畑岡とは2打差の2位。十分に逆転のチャンスがある位置からスタートしたが、1番から連続バーディを奪う畑岡に対し吉本はパーを並べる展開。ジッと機会をうかがうなかで迎えたのが7番パー5だった。

ティショットをラフに入れて、フェアウェイに持って行こうとした2打目。「150ヤードくらい打つイメージだった」とクラブを振り抜いたが、思った以上にラフがかぶさっていたことがたたり大きく左へ飛び、OBになってしまった。打ち直しの“4打目”も木に当たってしまい、結局このホールは6オン3パットの「9」。痛恨のクワドラプルボギーで万事休す。初優勝が手から離れていった。

「OBですね!選手権の(笑)」と笑いながら、一番“印象”に残っている1打を挙げた。「これが一番記憶にありますね。いいショットという意味では同じ女子プロ選手権でホールインワンしたこと。それもあったけど、悪いことの方が先に思い浮かんだので、一番はそっちですかね。どちらかというと、いいことより悪いことを考えてるタイプなので」(吉本)

この女子プロ選手権しかり、7打差を逆転された「フジサンケイレディス」もそう。どうしても悔し泣きをしているシーンが目立ったしまった今シーズン。来シーズンはうれし泣きを見せて、いいショットを真っ先に挙げる活躍を見せて欲しい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>