MNGT最終戦を制した19歳・菊地りお「将来は米女子ツアーで活躍を!」【マイナビネクストヒロインゴルフツアーファイナル】

MNGT最終戦を制した19歳・菊地りお「将来は米女子ツアーで活躍を!」【マイナビネクストヒロインゴルフツアーファイナル】

19歳の菊地りおがマイナビネクストヒロインゴルフツアー最終戦で勝利をあげ、優勝賞金300万円を手にした(撮影:福田文平)

<MNGT第11戦 マイナビ ネクストヒロインゴルフツアーファイナル◇16日◇武蔵丘ゴルフコース◇6607ヤード・パー72>

将来有望な若手女子プロゴルファーに“賞金のかかる試合の場”をより多く提供し、若手選手たちの経験値を増やして、国内ツアーをはじめ、世界で活躍する魅力ある選手の輩出に寄与していきたい、という理念のもと年間11試合の日程で実施される「マイナビ ネクストヒロインゴルフツアー(以下MNGT)」(共催:株式会社マイナビ、GOLF Net TV 株式会社ほか。GOLF Net TVで全試合生中継)。


12月16日(月)、埼玉県の武蔵丘ゴルフコースにて、最終戦「マイナビ ネクストヒロインゴルフツアーファイナル」が開催され、菊地りおが、河野杏奈とのプレーオフに競り勝ち、MNGT初勝利。優勝賞金300万円を手にした。

試合後には「今大会は距離も長めで、私は飛距離がでないほうなので、2打目もウッド系が多くなる。グリーン周りもすごく難しいので、耐えるゴルフをしたいと思っていました。プレーオフは緊張で心臓がバクバク。勝ちたい思いと、自分への期待で“怖く”なっていました(笑)」と語った菊地。正規の18ホールを終えた時点で、3オーバーで並んだ両者。日没間際となったため、プレーオフは残り40ヤード地点からカップインまでで決着をつける“アプローチ対決”となったが、1ホール目で勝負をきめ、MNGT最終戦の勝者となった。

栃木県出身で、2000年生まれの19歳。高卒1年目の今季は、アマチュア資格を保持してスタートしたが、10月からはプロ活動を開始。「アマチュアとして国内女子ツアーに出場する可能性を残していましたが、マイナビネクストヒロインの第8戦『Sky Thank you Cup』に出場できることになり、自分で稼ぎながらやっていけたほうがいいかなと」。MNGTでは第8戦以降すべてに出場して最後の最後で高額賞金をゲット。また11月に開催された「栃木県女子オープン」では、今季ステップ・アップ・ツアーで1勝を挙げている岩橋里衣との5ホールにわたるプレーオフを制して、賞金50万を手にするなど、自らの力で活動資金を稼いでいる。

来年の目標は、米国女子ツアーQT突破だという菊地。「日本よりもアメリカでやりたい気持ちが強い。今年も受けましたが、来年も米国女子ツアーQTに集中して挑戦したい気持ちがあります。ゴルフをはじめたときの憧れが宮里藍さん。私もたくさんの方に応援してもらえる選手になりたい。持ち味は曲がらないショットと安定したプレー。派手さはないですが、ショートゲームが得意なところと、すごく緊張する場面でも強い気持ちで戦えるところが強みだと思っています。来年こそ米国女子のQTを突破して、プロとして活躍したいです!」と笑顔で将来への展望を語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)