復調に苦しんだ一年 新垣比菜は周りの“黄金世代”の活躍に「下手くそを実感した」

復調に苦しんだ一年 新垣比菜は周りの“黄金世代”の活躍に「下手くそを実感した」

ファンと触れ合った新垣比菜、こちらは限定の比菜モデルのニット(撮影:ALBA)

17日(火)、銀座にあるマンシングウェアクラブハウス銀座にて、新垣比菜が『新垣比菜モデル限定ニット』発売イベントに参加。ゴルフに関する質問を受けたり、記念撮影を行ったりと、購入したファンとの交流を楽しんだ。


この限定ニットは右腕に『HINA.A』の文字や、ひなということでひな鳥のロゴが入るなど新垣をモチーフとしたもの。わずか30着しかない、まさに限定品だ。「なかなか自分のモデルのウェアをつくってもらえることはないと思うのでとてもうれしかったです。いくつかのパターンのなかから、紺の生地だったので赤が映えると思ったデザインを選びました。暖かいのに軽くて動きやすいので機能面もいいですね」とポイントを挙げた。

だが、今季の振り返りになると厳しい言葉が口をつく。「前半戦は良くて、夏くらいから調子があまり良くありませんでした。そういったなかで、最後まで調子を戻せなかったのが悔しい1年でしたね」。今季は昨年に続く2勝目を挙げることはできず、賞金ランキングも昨年を下回る27位。不本意なシーズンとなってしまった。

新垣が苦しいシーズンを送った一方で、「全英AIG女子オープン」で優勝した渋野日向子をはじめ、河本結、原英莉花、小祝さくら、淺井咲希と5人の同級生がツアー初優勝を達成。さらには畑岡奈紗が公式戦2勝、勝みなみも2勝を挙げるなど、昨年以上に“黄金世代”がツアーをにぎわせた1年だった。

「今年はシブコちゃんだったり、同級生がみんな大活躍ですごかった。そのなかで自分が下手くそと、とても実感しました。みんなめちゃくちゃ実力ある。オフで頑張って練習して追いつけるようにしないといけないと思いました」。このままじゃいけない。そう強く感じさせられるシーズンでもあった。

来季の逆襲へ。オフは例年通り沖縄で腕を磨く。目下の課題は飛距離だ。「周りの子がみんな飛ぶので、もう少し飛ばないときついですね。アイアンでビシビシ狙っていけるようにしたいです」。そのためにトレーニングに加えて、素振りの数を増やしてヘッドスピードを高めていく構えだ。

「来年は2勝目をできるように頑張りたい。できれば、2つくらい優勝できるように頑張りたいですね」。黄金世代の強さの1つは切磋琢磨。今季、同級生から感じた悔しさをバネとして、来年は自己最高のシーズンとしたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>