4冠制覇で…「来年もゴーゴーゴーゴー!(笑)」 渋野日向子は“メリー親知らず”→年明け本格始動→米ツアー出場へ!

4冠制覇で…「来年もゴーゴーゴーゴー!(笑)」 渋野日向子は“メリー親知らず”→年明け本格始動→米ツアー出場へ!

4冠達成の渋野日向子 年末年始のスケジュールは?(撮影:村上航)

18日(水)に都内で行われた「LPGAアワード2019」。ここでも渋野日向子が“主役”となった。「LPGA メルセデス・ベンツ プレーヤー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手賞)」のほか、「LPGA資生堂アネッサ ビューティー・オブ・ザ・イヤー」、「メディア賞『ベストコメント』部門」、「LPGA輝き賞」の4冠に輝き、たくさんのトロフィーを手に。この会場で21歳の海外メジャー女王は受賞の感想や、来年の目標などを語った。


表彰式で名前を呼ばれること4度。その都度檀上にのぼった渋野は、「1回で全部渡して欲しいですね。何回も上がるのはすごい恥ずかしかった(笑)」と照れ笑いをうかべたが、「いつかは立ちたかった場所に立つことができて、さらにたくさんの賞もいただけてありがたい。それだけのことをしたんだな、というのを実感しました」と、幸せな時間をかみしめた。

今年はツアー初優勝や、初出場でいきなり海外メジャーを制すなど、その活躍ぶりはもはや言うまでもないほど。一躍ゴルフ界のヒロインとなり、まさに“怒とうの一年”が過ぎていった。来年もさらなる活躍が期待されるが、目標は「まだ考えてない(笑)」。ただ、今年の年初に『シード獲得』を掲げ、その“上方修正”を何度も繰り返すことになっただけに、2020年は「目標を高めに設定して、最後まで頑張れるように。米国女子ツアーの予選も受けるけど、それでも(国内の)賞金ランクトップ10以内には入りたい」と、あえて簡単にはクリアできない負荷をかけていくつもりだ。

来年も「出られたら金メダルを獲りたい」と常々語ってきた東京五輪を目指す戦いや、海外ツアー出場、さらには米ツアーの予選会出場など、目まぐるしい年になりそう。ディフェンディングチャンピオンとして臨む「全英AIG女子オープン」については、「撃沈して帰ってくると思う(笑)。リンクスでプレーをしたことがないので想像がつかないです」と話すが、今年とは違い開幕前から国内外問わず大きな注目が集まることは間違いない。

シーズンは終わったが、年内は時の人ということもあり、スケジュール帳には予定がビッシリと詰まっている。年末からクラブを握る予定だが、その前には「メリー親知らず!」と言って笑う、クリスマスの抜歯という“イベント”も待ち受けている。そして年末年始に骨休めをした後、年明け1月には海外合宿を敢行。2月から米ツアーへと向かうことになる。

メルセデス・ランキング1位に輝き、年間最優秀選手賞を受賞したが、その獲得ポイントは555.5ポイント。この話を振られると、「来年もゴーゴーゴーゴー!ですね(笑)」と“らしさ全開”の切り返しで、最後まで笑いを誘った。きらびやかな場所でも決して色あせない、その存在感。2020年も女子ツアーの中心で、ゴルフ界を盛り上げていくことになるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>