敢闘賞獲得の古江彩佳 偉業達成の実感はいまだなし?

敢闘賞獲得の古江彩佳 偉業達成の実感はいまだなし?

プロとしての第一歩を踏み出した古江彩佳 来季の目標は?(撮影:村上航)

18日(水)、都内ホテルで「LPGAアワード 2019」が行われ、「富士通レディース」でツアー史上7人目のアマチュア優勝を果たした古江彩佳が敢闘賞を受賞。登壇した際、「信じられない気持ちです」と驚きと喜びに満ちあふれた表情を見せた。


年間で顕著な活躍を見せた選手に送られる敢闘賞は、これまで大山志保や畑岡奈紗、勝みなみらが受賞してきた名誉ある賞。アワード終了後には「敢闘賞を受賞することができて、とてもうれしいです。歴代受賞者の方々の名前をお伺いしました。そのなかに入れたのはとても光栄です」と賞の重みを感じた様子。

とはいっても、自分が偉業を達成した実感はあまりないらしい。「“すごいことをしたな”というのはそんなに感じないです。周りから言われることで気づきますね」。富士通-以降もプロ転向後初となった国内メジャーでいきなり2位タイに入るなどすでに活躍を見せているが、本人は意外とあっけらかんとしている。

来シーズンはプロテストに合格、QTを突破した同級生の安田祐香、吉田優利らとしのぎを削ることになる。「同い年と一緒に戦って盛り上げていけるのは楽しみです。2勝目が難しいと言われているので、それが目標ですね。(2勝目は)プロ初優勝にもなるので頑張りたい」と、きたる新シーズンでのさらなる活躍を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>