自己最高、海外挑戦…三者三様の『チームジュンロペ』 今季の振り返りと来季の目標は?

自己最高、海外挑戦…三者三様の『チームジュンロペ』 今季の振り返りと来季の目標は?

ジュンアンドロペのイベントに登場した3人 左から飯島茜、三ヶ島かな、笹原優美(撮影:ALBA)

22日(日)、飯島茜、笹原優美、三ヶ島かなの3人が新宿にある小田急ハルクで行われた『ジュンアンドロペ』のイベントに登場。トークショー、レッスン会など約3時間にわたりファンとの交流を楽しんだ。


トークショーではそれぞれが2019年を振り返った。昨季QTを受験せず、今季のレギュラーツアー出場は主催者推薦4試合のみに留まった飯島は、「試合は4試合だけでしたが、その分レッスンやプロアマなど新しいことにチャレンジした年でした」とコメント。「試合に出ているときは視野が狭くなっていましたが、人に教えることで自分も成長できました。今年のほうがスイングは良かったと思いますよ」とも話した。

一方でレギュラーツアーで自己最高となる賞金ランキング24位に入った三ヶ島は「悔しい一年でしたね」と振り返る。「優勝争いの回数が増えたのはよかったですが、それで勝ちきることができませんでした。ただ、いつもシーズン序盤で苦戦してしまうのですが、今年は早い段階でシードを決められたのはよかったですね」と悔しさのなかでも良い点、悪い点ともにあったと語る。

「今季は海外に挑戦しました」と中国ツアーを主戦場として7試合に出場した笹原は「初めての海外でしたが、日本以外のところでも活躍できるということで喜びがありましたね」。しかし、日本のプロテストでは不合格。「レベルが高かった。今の実力では厳しい」と新たな課題を突きつけられた年でもあった。

そんな今年の12カ月を踏まえて3人は、「来年も試合は未定なので違ったかたちでみなさんの前に会えたら。何か探さないといけないですね(笑)」(飯島)、「今年1勝を目標にしたけど勝つことはできませんでした。なので、目標を大きくもったほうがいいのかなと。複数回優勝を目標に来季は頑張ります」(三ヶ島)、「来年は中国と台湾のツアーに出場しますが、今年優勝争いに加わることができなかったので、来年こそは勝てるように頑張りたいですね」(笹原)と新たなシーズンに向けて意気込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>