アダム・スコットが母国大会で逃げ切りV 堀川未来夢は44位

アダム・スコットが母国大会で逃げ切りV 堀川未来夢は44位

母国で約3年ぶりのツアー優勝を飾ったアダム・スコット(撮影:GettyImages)

<オーストラリアPGA選手権 最終日◇22日◇RACVロイヤルパインズリゾートGC チャンピオンシップ・コース(オーストラリア)◇7364ヤード・パー72>

欧州ツアーの2019-20シーズン第3戦「オーストラリアPGA選手権」の最終日。後続と1打差でスタートしたアダム・スコット(オーストラリア)が「69」と3つ伸ばし、トータル13アンダーで逃げ切って大会初優勝を果たした。2016年の「WGC-キャデラック選手権」以来となるツアー通算11勝目。


2打差2位にマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)。3打差3位タイにキャメロン・デービス、ミンウー・リー、ウェイド・オームズビー(いずれもオーストラリア)ら5人が入った。3連覇を狙ったキャメロン・スミス(オーストラリア)はトータル7アンダー・10位タイだった。

日本勢で唯一出場した堀川未来夢は「72」と伸ばせず、トータル1オーバー・44位タイで4日間を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>