来季の目標は体重維持 松田鈴英は「ちょっぴりショック」なシーズンのリベンジへ“お菓子封印”

来季の目標は体重維持 松田鈴英は「ちょっぴりショック」なシーズンのリベンジへ“お菓子封印”

アンパスィのイベントに登場した松田鈴英 来年の目標を語った(撮影:ALBA)

22日(日)に新宿区にある小田急ハルクで行われたアンパスィのイベントに松田鈴英が参加。レッスン会や記念撮影会などを実施した。「今年のアンパスィはブラウンやオレンジなど今までにない色で大人っぽくなっていてとてもいいですよ」とウェアをアピールしつつ、ファンとの交流を楽しんだ。


今年を振り返り、「残念な年」とした松田。昨年より落とした賞金ランキング(11位→32位)もあるが「結果もそうですが、オフにやってきたことができなかった。ちょっぴりショックでした」。昨オフは栄養学、トレーニングをより取り入れて5kg増で今シーズンに臨んだが、シーズン中盤から思ったように食事を摂れず結局5kg減。7kgも落ちた昨シーズンよりは維持できたが、パワーダウン、体力の低下は明らかだった。

今オフは昨年の反省を生かした調整で新たなシーズンへと向かう。「オフに増えすぎてしまう傾向があるので、去年ほどは増やさずにいこうと思っています。去年は増えすぎて息苦しかったところがありました。今度は開幕からベストの体重をキープし続けるようにしていきたい」とオフに体重を上げすぎないようにして、シーズン中の体重減を減らせるようにするという。さらには「オフはお菓子もやめようと思います。それで太りすぎてしまうので」と大好きなものを封印する構えも。

苦しかったシーズンだが、「良かったことはあまりなかったけど、こういう一年がなかったら、これからダメなときが来るかもしれない。経験だったと思っています」と今後の糧とする。「来年は1試合ずつ“やりたい”と思ったことをできるようにしたい。今年は数字を見過ぎましたし、周りがどんどん初優勝していくなかで人を見すぎました。私は私らしくいきたいと思います」。クリスマスもラウンド予定。19年のうちから“ゴルフ漬け”でリベンジへの準備を重ねていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)