今季初優勝の小祝さくらに印象に残る一打を聞いたら… 返ってきたのは“まさか”の答え【女子プロが選ぶ“今年の一打”】

今季初優勝の小祝さくらに印象に残る一打を聞いたら… 返ってきたのは“まさか”の答え【女子プロが選ぶ“今年の一打”】

今季初優勝を挙げた小祝さくらの今年の一打は、まさかの…(撮影:鈴木祥)

多くのドラマが生まれた2019年シーズンに活躍した選手たちに、一番“印象”に残っている1打を挙げてもらった。良かったものを挙げる選手、悪かったものを挙げる選手。性格やその年の活躍が如実に出るこの企画。今回は、今季待望の初勝利を挙げ、賞金ランキングでも2年連続の8位になった小祝さくら。


“シルバーコレクター”を返上するシーズンになった。ツアー本格参戦1年目の昨年から、申ジエ(韓国)とのプレーオフで敗れた「ゴルフ5レディス」など4度の2位を記録する活躍ぶりを見せた小祝。しかし裏を返すと、あと一歩のところで初優勝には及ばなかった。

今季も安定感抜群のプレーで、ほとんどの試合でしっかりと最終日まで戦う日々。そして7月の「サマンサタバサ レディース」で、ようやく歓喜の瞬間を味わうことができた。終盤まで激しい優勝争いを繰り広げたイ・ミニョン(韓国)を1打差で抑え込み、初のタイトルを獲得。涙なしの初優勝というのも、ひょうひょうとした小祝らしいものだった。

そんな小祝に“今年の一打”を聞いてみた。この初優勝大会から選ばれるのかな?と思いながら質問したのだが、なぜかその表情がすぐに困り顔に…。「う〜ん、なんだろう」と言って、しばしの沈黙。そして次に出てきた言葉は、「本当に何もないですね」というものだった。

『優勝した試合ではなかったですか?』、『ウィニングパットは??』など“刺激”を与え、なんとか話を引き出そうとするも、その表情は変わらず。もちろん小祝も一生懸命考えてくれたのだが、「試合内容をあまり覚えてないですね」というのがファイナルアンサーだった。

「優勝した時も、もちろんその時はうれしかったですけど、すごく印象に残ったというわけでもないんです。アマチュアの時から、試合が終わったらずっと『さあ次っ』という感じでやってきたので」

具体的な一打は出てこなかったものの、こんな意識も垣間見えたし、どんなに好成績でも常に課題を口にする小祝らしい答えなのは間違いがない。最後はいつものおっとりした口調で「聞いてくれたのにすいません…」と言ってペコリ。こちらも申し訳ないですが…来年もまた聞きにいかせてもらうので、またその時に思った答えを教えてくださいね!

<ゴルフ情報ALBA.Net>