ウェイティングから今季レギュラー初出場 いきなり女王2人とのラウンドで6位T【プレーバック・渋野日向子2019 3月編】

ウェイティングから今季レギュラー初出場 いきなり女王2人とのラウンドで6位T【プレーバック・渋野日向子2019 3月編】

大山志保、鈴木愛という歴代女王とのラウンドで悔しさを味わった渋野日向子(撮影:鈴木祥)

2018年のプロテストに合格。同年末のファイナルQTで40位に入った渋野日向子は、限定的な出場となる予定だった19年の“開幕戦”で、いきなり存在感を見せた。


シーズン開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」は出場権がおりずに、翌週の「ヨコハマタイヤPRGRレディス」がプロテスト合格後初のレギュラーツアー。現地ウェイティングから出場権が回ってきた。

18年はステップ・アップ・ツアーを主戦場に戦った。16試合に出場しトップ10は7回。全体2位の結果だったが、勝利を手にすることはできなかった。17年秋から師事する青木翔コーチとの取り組みが結果に現れはじめるなか迎えた19年シーズンの初戦で、ポテンシャルの高さを証明した。

春の気まぐれな海風が吹く難コースを相手に、初日は「71」をマークし17位タイ発進。そして、2日目に一気に注目を浴びることになった。フロントナインを2バーディで折り返したものの、上位をうかがう位置でスタートした10番パー5でダブルボギー。だが、これでスイッチが入った。

11番で、いまでは渋野の代名詞にもなっているバウンスバックに成功。さらに続く12番パー4では2打目を直接放り込みイーグルを奪った。16番でもボギーを喫するが、17番で再びのバーディ。首位と3打差の5位タイで最終日へと向かった。

その最終日は思いがけない、注目組入りとなった。鈴木愛と大山志保。いずれも歴代賞金女王の大先輩だ。「楽しみでしかない」と話したラウンドは2番でボギーが先行したが、3番パー5で3打目を寄せてバーディ。その後も2バーディを奪い、首位争いのまま後半に入った。

ところが、11番でボギーを叩くとその後も2つスコアを落とした。終わってみれば、スコアを伸ばし続けた鈴木との差は6打。「愛さんの集中力が違いました」と、優勝争いの中でのスコアへの執着、そして「技術が足りません」というスキルのなさを痛感した。「今までで一番、もっと強くなりたいと思いました」と唇をかんだ。

そんな悔しい思いをしながらも、プロとしての初レギュラー試合でトップ10という輝かしい成績が、その後の大躍進、そしてブレイクへとつながったのはいうまでもない。ツアートップの技と強さを間近で体感し、計り知れない悔しさを味わった渋野の心に火がついた。

それをさらに促したのが、翌週の「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント」と翌々週の「アクサレディス」での連続予選落ち。のちに「あの2試合連続の予選落ちが本当に悔しかった」と、注目を集めた直後のふがいなさを振り返ったが、これをバネにしたかのように4月に入ると、よりいっそうスポットライトを浴びることになる。ただしそれは名誉なのか、不名誉なのか…。あの珍記録が生まれる。

【3月の成績】
■ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ
17位タイ
■Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント
予選落ち
■アクサレディス
予選落ち

<ゴルフ情報ALBA.Net>