今平周吾が31位でオーガスタ行き決定! 2019年最後の世界1位はブルックス・ケプカ【男子世界ランキング】

今平周吾が31位でオーガスタ行き決定! 2019年最後の世界1位はブルックス・ケプカ【男子世界ランキング】

賞金王・今平周吾がマスターズ切符を獲得(撮影:鈴木祥)

30日付けの男子世界ランキングが発表され、今平周吾は前週と変わらず31位をキープ。年内最後の世界ランク50位内の選手に与えられる、来年「マスターズ」の出場資格を手にした。


日本勢最上位は21位の松山英樹。3番手には80位と1ランクアップの石川遼、次いで106位の星野陸也となっている。

2019年最後の1位となったのはブルックス・ケプカ(米国)。2位にローリー・マキロイ(北アイルランド)、3位にジョン・ラーム(スペイン)がつけている。また、今季の「マスターズ」覇者タイガー・ウッズ(米国)の今年最後の順位は6位となった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)