松山英樹、2020年初戦は優勝予想13番手 日本勢7人がハワイで始動

松山英樹、2020年初戦は優勝予想13番手 日本勢7人がハワイで始動

プレジデンツカップ以来の試合となる松山英樹(撮影:GettyImages)

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 事前情報◇7日◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044ヤード・パー70>

米国ツアーは2020年早くも2戦目。今週は先週に続き、ハワイにあるワイアラエCCで「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が開催される。米ツアー公式サイトではパワーランキングが発表され、今大会が今年初戦となる松山英樹は13番手に推された。

20年初戦に選んだ大会は「過去6回出場してトップ25に入ったことはなく、去年も最終日に失速して51位だった」と決して相性が良いとは言えないが、「2019年は2連続トップ3で調子がいい」とツアー側も期待を寄せた。

1番手に推されたのは先週の「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」で早くも20年初優勝を挙げたジャスティン・トーマス(米国)。2番手にはウェブ・シンプソン、3番手にはパトリック・リード(ともに米国)が名を連ねた。

今大会には昨季の日本ツアー賞金王・今平周吾も出場。その他、日本勢は小平智、堀川未来夢、星野陸也、時松隆光、比嘉一貴と総勢7名が異国の地で新たな年を始動する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>