大目標は「東京オリンピックで金メダル」 日本のエース・畑岡奈紗が語る“2020年”

大目標は「東京オリンピックで金メダル」 日本のエース・畑岡奈紗が語る“2020年”

日本のエースが2020年の活躍を意気込んだ(写真提供:WOWOW)

来週の米開幕戦「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」で2020年シーズンをスタートさせる畑岡奈紗が、米女子ツアーを放送するWOWOWの独占インタビューに応じた。この席で昨季の振り返りから今季の目標、さらにはいよいよ今年開催される東京五輪への思いを語った。


米国での選手生活も3年目となった2019年シーズン。畑岡奈紗は「4日間大会で勝つこと」を目標のひとつに掲げ、1年間をスタートさせた。そして、4戦目の「キア・クラシック」でそれを見事に達成。昨季の初勝利とともに、米ツアー通算3勝目を手にした。

この目標達成について「1日が長い分、体力も使うのでトレーニングを徐々に増やしていきました」とその要因を説明。「コースを知っていたのも大きいですが、休みをしっかり取らないと安定感が出てこない。しっかりと休みも入れてリセットした状態で次の試合にいくことが大事だと思いました」と、技術面よりもフィジカル面の向上を理由に挙げた。

しかしその後はメジャー初戦「ANAインスピレーション」で39位タイ。さらに2度の2位を挟みながらも、7月の「ドウ・グレート・レイクス・ベイ招待」から「エビアン・チャンピオンシップ」、「全英AIG女子オープン」と3戦連続の予選落ちも経験した。畑岡は、なかなか調子が上がらなかったその時の気持ちについて「1年後の同時期にはオリンピックがあると思って、少し不安になるときもありました」と若干のプレッシャーがあったことを吐露した。

しかし、その後2週間ほど帰国した際に自らのスイングをチェック。これを機に立て直すと、国内ツアーで2勝を記録した。「悪い時には気持ちが前向きになれない時もありますが、そこをどう乗り越えるかが大事です」。自分自身で逆境を乗り越えたところに、米ツアー3年目の“成長”がうかがえる。

スイング面では18年のほうが感触はよかったというが、トレーニングの成果もあって飛距離は伸びている。そして、「まだ伸び代があると思います。女子も300ヤード近く飛ばすレベルまできているので、そこに少しでも近づくようにしたいです」と、今後さらに進化することを実感する。そのためにも4年目は上半身のトレーニングに重点を置いて、下半身とのバランスをよくしながら技術面のレベルアップが目指される。

今年はついにオリンピックイヤー。畑岡は、この1年の目標の一つに東京五輪での金メダルを公言している。開幕戦を経て2月からのアジアシリーズと続き、4月にはメジャー初戦の「ANAインスピレーション」が控えている。「まずは、最初のメジャーであるANAインスピレーションがあるので、そこに照準を合わせます。オリンピック前ということもありますし、大きな大会です」。ここを“五輪前哨戦”に位置づけ、腕をいぶす。

女子の東京五輪出場権は、6月29日付の五輪ゴルフランキングで決まる。畑岡は、現在世界ランキング6位で日本勢トップ。ゴルフ日本代表のフロントランナーだ。そして、昨年の全英女子オープンを制した渋野日向子が11位で追いかけている。同世代ということもあって、渋野への意識は決して小さいものではない。「日向子ちゃんはメジャーも獲っているし、ライバルになると思います」。さらに五輪では、渋野とともに、女子ゴルフ界を席巻する韓国勢にも警戒心を示している。

「より安定したプレーを続けられるようなシーズンにしたい」ということを今季の自身のテーマとして掲げる畑岡。昨季は、米ツアー20戦に出場して1勝、トップ10以内を5回マークした。しかしその一方で、前述した3戦連続予選落ちなど好不調の波が激しかった。それでも9月の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」、10月の「日本女子オープン」と国内メジャーを立て続けに制すなど、調子を上げていった。その底力は計り知れない。

「(昨年は)秋くらいの調子がよかったので、(来年は)そのいい波を何回か作ることができれいいなと思います」。畑岡が言う調子の波が“小波”になり安定したプレーを持続することができれば、大目標である東京五輪での金メダル、さらには世界ランク1位も現実味を帯びてくる。1月13日に誕生日を迎える若き日本のエース。その2020年が今から楽しみだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)