松山英樹は3つ伸ばして30位Tで最終日へ B・スティールが単独トップ

松山英樹は3つ伸ばして30位Tで最終日へ B・スティールが単独トップ

松山英樹はは3つ伸ばして30位Tで最終日へ(撮影:GettyImages)

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 3日目◇11日◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044ヤード・パー70>

米国男子ツアーの「ソニー・オープン・イン・ハワイ」は3日目の競技が終了。日本勢4人が決勝ラウンドに進んでいるが、3シーズンぶりの優勝を目指す松山英樹は、この日3つスコアを伸ばし、トータル2アンダーの30位タイに浮上した。


10番スタートの松山は前半を2バーディ・1ボギーにまとめると、後半に入るとさらにバーディが2つ。惜しいバーディチャンスを逃す場面もあったが、きわどいパーセーブもあり、一気に順位を上げて最終日に入る。

単独首位にはブレンダン・スティール(米国)。トータル12アンダーとして単独首位に立った。トータル9アンダーの2位にキャメロン・スミス(オーストラリア)。ケビン・キスナー(米国)がさらに1打差の3位。ウェブ・シンプソン、コリン・モリカワ、ライアン・パーマー(いずれも米国)の3人がトータル7アンダーの4位タイに並んでいる。

なお、そのほかの日本勢は、小平智と星野陸也がトータル1オーバーの50位タイ。堀川未来夢はトータル6オーバーの66位となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>