C・スミスがプレーオフ制し通算2勝目 松山英樹は12位

C・スミスがプレーオフ制し通算2勝目 松山英樹は12位

ツアー2勝目を果たしたキャメロン・スミス(撮影:GettyImages)

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 最終日◇12日◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044ヤード・パー70>

米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」の最終日は、キャメロン・スミス(オーストラリア)とブレンダン・スティール(米国)がトータル11アンダー・首位に並び、優勝をかけてプレーオフに突入。1ホール目の10番パー4でパーをセーブしたスミスがツアー通算2勝目を果たした。


トータル10アンダー・単独3位にウェブ・シンプソン(米国)。トータル9アンダー・4位タイにケビン・キスナー、ライアン・パーマー(ともに米国)、グレアム・マクドウェル(北アイルランド)が入った。

松山英樹は1イーグル・4バーディ・2ボギーの「66」をマーク。トータル6アンダー・12位タイで2020年の初戦を終えた。

その他の日本勢では、星野陸也がトータル1アンダー・45位タイ、堀川未来夢がトータル3オーバー・65位、小平智はトータル6オーバー・66位だった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>