日本男子ツアー開幕戦初日は日没サスペ 星野陸也が2位Tでホールアウト、15位Tに石川遼ら

日本男子ツアー開幕戦初日は日没サスペ 星野陸也が2位Tでホールアウト、15位Tに石川遼ら

石川遼は暫定15位タイで初日の競技を終えた(写真:JGTOimages)

<SMBCシンガポールオープン 初日◇16日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71>

きょう開幕の日本とアジアの共同主管大会「SMBCシンガポールオープン」初日は、ラウンド中に雷雲接近により1時間15分の一時中断を挟んだことで、一部選手のホールアウトが完了せず、現地時間午後7時2分(日本時間同8時2分)に日没サスペンデッドとなった。明日、第1Rの残りから競技が再開される。


6アンダーの暫定トップには、タイ出身のコウスケ・ハマモトが立った。1打差の暫定2位タイに星野陸也、ガン・チャルングン(タイ)、リチャード・リー(カナダ)が続く。4アンダーの暫定6位タイには昨年覇者のジャズ・ジェーンワタナノンド、マット・クーチャー(米国)ら4人がつけている。

星野以外の日本勢は、2アンダー・暫定15位タイに石川遼、池田勇太、市原弘大、稲森佑貴がいる。1アンダー・暫定33位タイには浅地洋佑、大槻智春、木下稜介。

この他、16年リオ五輪金メダリストのジャスティン・ローズ(イングランド)は3アンダー・暫定9位タイで初日を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>