石川遼は開幕V争いに向けて好発進 同組のビッグネームに「目標は2人に勝つこと」

石川遼は開幕V争いに向けて好発進 同組のビッグネームに「目標は2人に勝つこと」

石川遼は好調なシーズンイン(JGTOimages)

<SMBCシンガポールオープン 初日◇16日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71>

2020年の国内男子ツアー開幕戦の初日が終了。昨シーズン最多となる3勝を挙げた石川遼は、「69」の2アンダーと好スタートを切った。


インスタートの前半上がり2ホールで連続バーディを奪うと、後半もスコアを1つ伸ばして最終ホールへ。9番パー4でこの日初めてのボギーを叩いたが、ホールアウト時点で日本勢最上位。「優勝争いに必要なスタートが切れたと思う」と好感触でのシーズンインとなった。

大会制覇だけでなく、もうひとつ大きなモチベーションとなっているのが予選ラウンドで同組となった2人。ひとりは昨年覇者のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、もうひとりが現在世界ランク9位につけているジャスティン・ローズ(イングランド)だ。「(2人は)きれいなゴルフだし、憧れるというかうらやましい。目標は、スコアで2人に勝つこと。スコアで勝負できるようなゴルフをしたい」と意欲を燃やす。

初日を終えて、ワタナノンドが4アンダー、ローズが3アンダーと前を走っている。開幕戦での優勝争いに向けて、まずは2日目の早い段階で二人の背中に追いつきたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>