日本勢最上位の木下稜介 前半5バーディに「すべてうまくいった」【注目選手コメント集】

日本勢最上位の木下稜介 前半5バーディに「すべてうまくいった」【注目選手コメント集】

日本勢最上位で最終日を迎える木下稜介(写真:JGTOimages)

<SMBCシンガポールオープン 3日目◇18日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71>

日亜共催の国内男子ツアー開幕戦「SMBCシンガポールオープン」の第3ラウンド。昨季に賞金ランキング34位に入った28歳・木下稜介が6バーディ・2ボギーの「67」をマークし、日本勢最上位のトータル7アンダー・8位タイで最終日を迎える。


前半で5バーディを奪う立ち上がりに、「前半快調すぎて、すべてうまくいきました」と白い歯をのぞかせた。ただし、後半は1バーディ・2ボギーとスコアを落とし、「振り返れば満足だが、後半伸ばしたかった」と決して満点ではなかったが、前半での貯金を使い切ることなく
バックナインを走り切った。

高額賞金獲得はもちろんだが、こうなると今年の「全英オープン」出場も視界に入ってくる。全英予選を兼ねている今大会では、有資格者を除く上位4人が出場権を獲得。木下だけでなく、トータル6アンダー・10位タイの星野陸也、堀川未来夢、大槻智春らにもチャンスがあるだけに、日本勢の奮闘に期待がかかる。

以下、注目選手のコメント集
■マット・クーチャー(トータル17アンダー・単独首位)
「出だしの連続バーディーで首位に並び、一気に勢いに乗ることができた。同組の二人も良いプレーをしていたし、とても楽しい一日だった。素晴らしいコース、素晴らしい街で本当に楽しんでいる。ユニークなホールの多い特徴的なコースでグリーンのコンディションも最高。(あすは)1番ホールからフェアウェイとグリーンを捉えて、優勝に向けて勢いをつけていき
たい」

■星野陸也(トータル6アンダー・10位タイ)
「めっちゃ流れが来てたんですけどね。ちょっと何かあると流れが止まってしまう。トップがどんどん伸びてて、余計に焦っていた。(あすは)トップ5狙うくらいかな。トップに追い付くには、12(アンダー)くらい出さないといけないし」

■堀川未来夢(トータル6アンダー・10位タイ)
「雨にもあまり降られず、天気も風も変わったが、わかりやすくてうまくプレーできていた。疲れはない。全英切符はとりたい。あと4つくらい伸ばせれば」

■大槻智春(トータル6アンダー・10位タイ)
「風も初日2日目に比べたら穏やかだったし、本当はこういうときに伸ばさないといけないが、思ったよりかみ合わなかった。(あすは)出来るだけ上位で上がって……。あとはあまり考えすぎずにやりたい」

<ゴルフ情報ALBA.Net>