石川遼は開幕戦で手ごたえあり 「打てなかったショットが打てている」

石川遼は開幕戦で手ごたえあり 「打てなかったショットが打てている」

石川遼、今季開幕戦でショットに収穫(写真:JGTOimages/3日目)

<SMBCシンガポールオープン 最終日◇19日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71>

日亜共同主管大会で、日本男子ツアー開幕戦の「SMBCシンガポールオープン」。石川遼は最終日に1イーグル・3バーディ・1ボギーの「67」をマークし、トータル3アンダーで今季初戦を終えた。


前日には「いい流れに乗れていない、苦しい」と心中を明かした石川だが、この日は前半を1アンダーで折り返すと、後半4番では今季初のイーグルを奪う。その後は7番でもスコアを伸ばし、通算3アンダーで4日間の戦いを終えた。

「今週はティショットがかなり打てたと思います。1年前と比べると、そこが収穫。打てなかったショットが打てるようになった」と一定の評価を与えた。

現在、世界ランキングは83位。今後は4月の国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」までに、海外ツアーで世界ランキング浮上を狙う。「今週を糧にして、4月の開幕戦までに出る試合も頑張りたい」。大会前の世界ランク60位内が出場できる「全米オープン」、そしてその先にある東京五輪出場へ、一戦一戦に全力を注ぐ構えだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>