「スリリングな一日だった」 M・クーチャーが逃げ切りで貫禄V【上位コメント集】

「スリリングな一日だった」 M・クーチャーが逃げ切りで貫禄V【上位コメント集】

百戦錬磨らしい冷静なゴルフ マット・クーチャーが逃げ切り優勝を遂げた(写真:JGTOimages)

<SMBCシンガポールオープン 最終日◇19日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71>

貫禄のゴルフでリードを保った。「SMBCシンガポールオープン」最終日。後続と3打差の首位でスタートしたリオ五輪銅メダリストのマット・クーチャー(米国)が「70」で回り、トータル18アンダーで逃げ切り優勝を果たした。


決して楽な戦いではなかった。4番パー5でバーディを先行させたものの、落とし穴は7番パー5に待っていた。ティショットが木の根元に行くと、2打目はクラブが木に当たる痛恨のミスショット。その後もボールがカート道に大きくはねてロストボールとなるなど不運に見舞われ、結局このホールに「8打」を費やし、トリプルボギーで後続に並ばれてしまう。

しかし、米ツアー通算9勝のベテランは冷静さを見失わなかった。「ゴルフと人生は似ていて、難しい課題にどう立ち向かうかが重要。あそこから立ち直れたことにとても満足している」。

後半11番で1つ取り返すと、16番でもバーディを奪ってこの日イーブンに。最終ホールではバーディ締めで2打差の勝利を決めると、力強くこぶしを握った。ギャラリーからはクーチャーの愛称である“クーチ!!!”の大歓声がコースにこだました。

この優勝によって、大激戦の東京五輪米国代表の座に大きく近づいた。「とてもスリリングな一日だったが、優勝で締めくくることができてうれしい。オリンピックは大きな目標の一つ。東京五輪に向けてこの調子で勢いに乗れることを願っている。リオでの銅メダルよりも良い色のメダルを勝ち取れるよう頑張りたい」。

以下、上位選手のコメント
■ジャスティン・ローズ(トータル15アンダー・単独2位)
「追いかけるのも楽しかったし、最終的にはあと一歩だったと思う。ただ、クーチャーは16番で見事なバーディを決めたし、優勝にふさわしかった。来週はディフェンディングチャンピオンとしてサンディエゴに向かうが、今週の結果で勢いがついたと思う。残念な2位とうれしい2位があるが、今週は満足のいく2位だった」

■ジャズ・ジェーンワタナノンド(トータル14アンダー・単独3位)
「マット(・クーチャー)は凄かった。8打叩いた後も見事に立ち直り優勝した。世界最高峰の選手たちがやってのけることを間近で見られるのは最高の経験。まだ学ぶことはたくさんある」

<ゴルフ情報ALBA.Net>