“プラチナ世代”吉田優利がブリヂストンと契約! 百戦錬磨のベテランたちの前で早くも大物ぶりを発揮!?

“プラチナ世代”吉田優利がブリヂストンと契約! 百戦錬磨のベテランたちの前で早くも大物ぶりを発揮!?

2000年生まれということで00のポーズ(撮影:福田文平)

22日(木)、都内にあるブリヂストングローバル研修センターにてブリヂストンゴルフが新ボール発表会を開催。吉田優利が出席し、同社と用品使用契約を締結したことも同時に発表した。


今回の契約に関して吉田は「ジュニア時代からお世話になっているブリヂストンと契約させていただけることを大変うれしく思います。アマチュア時代は、このクラブとボールで多くのタイトルを獲れました。チームブリヂストンとしてさらに活躍できるように頑張りたい」と喜びの声を上げた。

この日の新ボール発表会には、同じく同社と契約を結ぶ宮本勝昌、宮里優作、堀川未来夢、渡邉彩香、そして同じくこの日が新契約発表となった稲見萌寧といった先輩方も登場。チームブリヂストンのベテランたちと一緒にトークセッションが行われた。

宮本や優作といった先輩方はこういったイベントも慣れたもの。小気味いいトークで笑いを交えながら、ボールへのこだわりや製品の良さをアピールしていく。そんななか吉田の順番が。

ルーキーらしい、初々しいトークをするかと思いきや、「私はパッティングでの打球音をとても意識しているので、しっかり聴こえるボールが好きですね」と自分なりのこだわりを披露。さらに今回のボールの良さを聞かれれば「打感が硬くて、パターでもいい音がするのですが、硬いながらもフェースに吸い付くのを感じます。これはパターだけでなくショットにもいい影響が出そうで楽しみです」と新人とは思えない言葉で性能をアピールした。

さらに最後に今季の目標を聞かれた際には、「まずはリランキングを突破して、シードを獲れるように頑張りたい」と前置きしたうえで、「ファンの皆様の前で最高のパフォーマンスを発揮したい。そしてファンの皆様、このボールで一緒にベストスコアを更新しましょう(吉田のベストは64)」とベテラン顔負けのコメントで締めくくった。

契約プロとして初めてのイベントを振り返り、「みなさんトークがお上手でした。私なんかまだまだでした。人を引きつける力がすごい。私も人を魅了できるように成長していきたいです」と謙遜した吉田。だが、明らかに新人とは思えない“初仕事”ぶりだった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>