注目のタイガー・ウッズは14位T、松山英樹は50位T、単独トップは「65」のジョン・ラーム

注目のタイガー・ウッズは14位T、松山英樹は50位T、単独トップは「65」のジョン・ラーム

トップと5打差のタイガー・ウッズは「明日はスタートがカギ」と語る(撮影:GettyImages)

<ファーマーズ・インシュランス・オープン 3日目◇25日◇トリーパインズGC(カリフォルニア州)>

濃霧の影響でスタートが大幅に遅れたファーマーズ・インシュランス・オープンの3日目。注目のタイガーウッズは4バーディ、1ボギーの「69」でトータル7アンダー、14位タイに浮上した。


17位タイで予選を通過した松山英樹は「74」とスコアを伸ばせず、トータル2アンダーの50位タイで最終日を迎える。この日はフェアウェイキープ率42.86%、パーオン率66.67%と本来のショット力を発揮できなかった。

3日目のベストスコア「65」をマークして、トータル12アンダーでトップに立ったのはジョン・ラーム(スペイン)。前半は2番パー4でチップインイーグルを決めるなど、スコアを5つ伸ばして折り返すと、後半も2バーディを奪い、ノーボギーのおまけがつく会心のラウンドだった。2017年以来の今大会2勝目を目指す。

なお、1打差の2位には、トータル11アンダーのライアン・パーマー(米国)、トータル9アンダーの3位タイにはローリー・マキロイ(北アイルランド)、カン・スン(韓国)、キャメロン・チャンプ(米国)、ハリー・ヒッグス(米国)の4人がつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>