「プロとして稼がないといけないけど…いい勉強に」 吉田優利がデビュー戦で感じた“課題”

「プロとして稼がないといけないけど…いい勉強に」 吉田優利がデビュー戦で感じた“課題”

吉田優利のプロデビュー戦は悔しい結果に それでも課題は明確になった(写真提供:大会事務局)

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇14日◇ロイヤルアデレードGC(オーストラリア)◇6689ヤード・パー73>

2オーバー・107位タイから予選突破を目指した吉田優利は、2日目も4バーディ・4ボギーとスコアを伸すことができず。予選通過に2打及ばず、90位タイで決勝ラウンド進出を逃したが、今後の課題が明確になる意義深い試合となった。


10番からスタートしたこの日は、12、14番でボギーが先に来る苦しい展開。それでも15番で1つスコアを戻した後、18番パー4で20m弱のパットを沈めバーディを奪うなど粘りも見せた。後半も3番でバーディを奪うも、5、6番で連続ボギー。上がりの9番をバーディ締めとしたものの、カットラインに及ばないままホールアウトを迎えた。

将来的な目標に掲げている米国ツアーという点に加え、これまであまり経験ができなかったリンクスで迎えたプロ初戦。「貴重な経験ができた。これを生かしてもっと練習していきたい」と、今後につながる大きな2日間になったが、やはり反省も口をつく。

「昨日よりもグリーンが硬いなか、手前に落としているつもりでも奥に滑っていく感じがありました。学習能力がないなと思いました。 分かっているのに、そこに打っているのは、クラブ選択が出来ていなかったのかな。風に球をぶつけたり、日本ではやらなくていいことも、ここではやらなくてはいけない」。対応力という部分に、少し物足りなさを感じた。

米ツアーで戦うために足りない部分として吉田は、特に「飛距離と、アイアンのタテの距離感」を感じた。トップ選手たちのプレーも目の当たりにし、「(上位の人は)パターも入れているとは思いますが、バーディパットの距離が近いと思う。そこをもう少し磨いていきたいです」と、その違いを感じざるを得なかった。これらのポイントを意識し、今後の日本ツアー転戦のなかで養っていく。

「プロとしてプレーすることをずっと目標にしてきたので嬉しい。アマチュア時代は、試合をこなすことが経験になると思ってやっていましたけど、これからはプロとして稼がないといけないものに変わっていく。『この試合は良い経験になりました』ということは毎回続けられない。それでも、この試合は本当に良い経験になりましたし、とても勉強になりました」

昨年のQTで20位となり、今季の国内ツアーは前半戦のフル出場権を獲得。3月の開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」から、本格的にプロの道を歩みだす。そこに向け、帰国後はすぐに合宿に入り、自らをさらに追い込んでいく。そしてその時にも、オーストラリアで感じたことは、大いに役にたつはずだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>