セキ・ユウティンがミツウロコと所属契約 運命の“誕生日”に「勇気がでる」

セキ・ユウティンがミツウロコと所属契約 運命の“誕生日”に「勇気がでる」

株式会社ミツウロコグループホールディングスと契約したセキ・ユウティン(撮影:福田文平)

セキ・ユウティン(中国)が石油製品・LPガス・固形燃料の販売などを行う株式会社ミツウロコグループホールディングスと所属契約を締結。18日(火)に都内で契約発表会見を実施した。


日本の福井県で生まれたユウティンは、16年のファイナルQTで16位に入り、17年から日本ツアーに参戦。だが、賞金ランキング78位とシード獲得ならず。さらに翌年の出場権を得られず苦しんだが、19年にステップ・アップ・ツアー「日医工女子オープン」で日本ツアー初優勝。さらに同年のプロテストに合格、そしてQTでも9位に入り20年シーズンの前半戦出場権を獲得。今季注目を集める選手の一人である。

同社は今後の中長期的な成長戦略として海外、特にアジア市場への事業展開を重視しており、日本で生まれアジア圏で活躍するユウティンとともに飛躍を目指したいとの思いから契約に至ったと説明。それを受けたユウティンは「これまで多くの方々にスポンサーとして応援していただいていますが、所属契約は初めてでしたのでとてもうれしかったです。ましてや長い歴史のある会社様に選んでいただきとても光栄です」と日本語で感謝を示した。

契約を結んで初めてのトーナメントは開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」。初日のラウンドが行われる3月5日は、奇しくも22回目の誕生日となる。「ティショットで緊張すると思いますが、名前をアナウンスときに一緒に“所属、ミツウロコ”と聞いたら、勇気が湧いて来ると思います。その年の初戦の初日が誕生日というのはゴルフ人生で初めて。きっといいことがあると思います」。かつて中国ツアーで賞金女王に輝き“中国国民のスイート・ハート(国民小甜心)”と呼ばれた若きホープが、強力な援軍を得て運命の初日を迎える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>