小柄な大砲・田中瑞希は女子的飛ばし 『下からすくうぞ〜』が合言葉?【大江香織の美スイングがお好き】

小柄な大砲・田中瑞希は女子的飛ばし 『下からすくうぞ〜』が合言葉?【大江香織の美スイングがお好き】

“黄金世代”の一人、田中瑞希 小柄な身体で飛ばす秘訣は?(撮影:福田文平)

2020年の活躍が期待される“若手のホープ”のスイングを、自身も昨年までレギュラーツアーで戦っており、「ほかの選手のスイングを研究することが好き」と語る大江香織が解説。今回は昨年のプロテストに合格した田中瑞希。


熊本出身の田中は黄金世代。アマチュア時代から同じ九州の大里桃子、勝みなみ、新垣比菜、ら同級生としのぎを削った。2018年のファイナルQTで24位に入り、19年シーズン前半の出場権を獲得して33試合に出場。賞金ランキング80位とシード獲得はならなかったが、ファイナルQTで17位に入り20年の出場権を獲得した。

田中は151cmと小柄ながらドライビングディスタンスは24位。さらにドライバーショットのうまさを示すトータルドライビングでは18位とツアー上位に入る、ティショットでゲームを作るタイプだ。

そんな田中のスイングを大江は「女子的なスイングといえます。そのなかで『これやったら飛ぶでしょ!』というポイントがいくつかありますね。田中さんは見ての通り背が高い方ではないですが、アッパースイングで打ち出し角をつけて飛距離を出しています。フェースローテーションもすごい。飛ぶための最大限の動きをやっています」と解説する。

「まず、テークバックで右足に体重を乗せきって、そこから体を回転してクラブを上げていく。しっかり体重移動しているからトップはそこまで高くありません。そこから切り返しからダウンスイングで『(ボールを下から)すくうぞ〜、すくうぞ〜』と言わんばかりに体が右に傾く。そして下半身が伸び上がる動きとともにアッパーブローでインパクトを迎えると、ヘッドを返して一気に走らせる。振り抜く方向も高いです。下からの入射角で高さを出していますね」。プロの技術があってこそのアッパーブローといえる。

大江香織(おおえ・かおり)/1990年4月5日生まれ、山形県出身。通算3勝。153cmと小柄ながら体全体を大きく使ったスイングで8年連続シードを保持するなど、息の長い選手として活躍。2019年にツアー撤退を表明、「ツアーを撤退するプロに“大江が生きているから撤退しても大丈夫”と思ってもらえるように、色々活動できたら」と2020年からは新たなかたちでゴルフに携わっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>