松山英樹、マキロイらが使うSIM MAX レスキュー イコール女子プロには合わない?【2020年女子ツアー気になるギア】

松山英樹、マキロイらが使うSIM MAX レスキュー イコール女子プロには合わない?【2020年女子ツアー気になるギア】

松山英樹も使っています(撮影:GettyImages)

開幕の見通しがなかなか立たない国内女子ツアー。“女子プロ”ロスが続く状況ではありますが、逆にいえば今こそ開幕前に矢継ぎ早になだれ込んだギア情報を洗い直すときだ!ということで、気になるギア情報や動向をプロコーチ&クラブフィッターの筒康博氏に予想してもらった。


今回はテーラーメイドから出た新モデル『SIM MAX』のレスキューについて。海の向こうで松山英樹、ローリー・マキロイ(北アイルランド)ら、これまでユーティリティを使用していなかった選手がこぞって使っているが、逆にいえば女子プロは使えないスペックなのでは?

――

PGAツアーのハードヒッターたちの使用状況を見る限り、「難しい」や「ボールが上がらない」というイメージを持つ人もいるかもしれないですね。彼らのような“化け物”たちが使うクラブは女子プロに合わないかもしれない、もっといえば我々アマチュアには…、と考える人も少なくないと思います。ですが、そんなことはまったくありません。

私はユーティリティには大きく分けて2つの役割があると考えています。1つは、ミドルアイアンの代わりを簡単にする役割。もう1つは、ショートウッドでは高さやスピンが増えすぎるのを抑える役割です。『SIM MAX レスキュー』の性能としては、無駄なスピンを抑えて高さと飛距離に変えるモデル。松山選手やマキロイ選手のように様々なライから強い弾道のショットを打つのに適しています。

ですが、当然ロフトやシャフトが変われば高さとスピン量が変わります。長いアイアンの代わりに使う女子プロの場合は、おそらく純正カーボンシャフトに近いスペックで使用すると思います。そうすればアゲンストの中でも細工せずに高い弾道でピンを狙うショットが見られます。

さらにいえば『SIM MAX レスキュー』はロフトが19、22、25、28度まであります。パワフルな飛びと「Vスチールソール」の採用で確かに飛びはありますが、きちんと番手選びを行ってシャフトチョイスをすれば、風に強い女子プロが望むユーティリティクラブに仕上げることは十分できると思います。

これはよくいわれることですが、大事なのはヘッドだけでなくシャフトとのバランス。いいヘッドに“自分に合う”シャフトを組み合わせれば、女子プロも、アマチュアのみなさんにも非常に強力な武器となりますよ。

解説・筒康博(つつ・やすひろ)/プロコーチ・フィッター・クラフトマンとして8万人以上のアドバイス経験を生かし、現在は最先端ギア研究所『PCMラボ』総合コーチ、インドアゴルフレンジKzヘッドティーチャーを務める。ALBA本誌ギア総研をはじめ様々なメディアでも活躍している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>