“女子プロ・ロス”の今だからこそ… あなたは黄金世代をどこまで知っている?

“女子プロ・ロス”の今だからこそ… あなたは黄金世代をどこまで知っている?

あなたは黄金世代をどこまで知っている?

新型コロナウイルスの感染拡大により、7試合連続で中止が発表されている国内女子ツアー。史上最長記録を更新し続け、開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の初日から約1カ月が過ぎても、大会開催の見込みが立っていません。昨年大活躍した黄金世代の面々を見ることもできず、“女子プロ・ロス”になっているファンも多くいるでしょう。そこでこのタイミングにもう一度“黄金世代”について自分がどこまで知っているか振り返ってみてはいかがでしょうか?


そもそも黄金世代って? 広義ではいろいろありますが、基本的には1998年4月2日から1999年4月1日までに生まれた選手たちのことを指します。ちなみにこの年の甲子園優勝投手は横浜高校の松坂大輔投手(現・埼玉西武ライオンズ)です(そう考えるとびっくりですよね)。

黄金世代ファンであれば、世代で最初に勝った選手は当然言えるでしょう。これまで優勝している9人の選手だってスラスラと出てくるはず。「そんなの簡単だよ」、そう思っているあなた。では現在凍結している世界ランキングで黄金世代5番目の選手は分かりますか?

そうやって考えていくと、意外と知らなかったことも出てくるかもしれません(出てこないあなたは黄金世代マスター!)。中止が続いてしまってますが、これをせっかくの機会とポジティブに捉え、昨年のツアーをもう一度見返してみるのも面白いかも?! ちなみに5番手の選手は…76位の小祝さくらでした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>