タイガー・ウッズVSフィル・ミケルソンのザ・“マッチ”は5月24日! タイガーのホームコースに決定

タイガー・ウッズVSフィル・ミケルソンのザ・“マッチ”は5月24日! タイガーのホームコースに決定

ミケルソンがバックにした、タイガーにグリーンジャケットを着せられた写真(撮影:GettyImages)

タイガーとミケルソンに加え、NFLのスーパースター、トム・ブレイディとペイトン・マニングが加わりチーム戦で戦うザ・マッチ・チャンピオンズ・フォー・チャリティー”が現地時間5月24日(日)に決定。場所はフロリダ州ジュピターアイランド、タイガーのホームコースのメダリストGCにと発表された。米国東海岸時間の午後3時から放映が開始となる。


タイガーとマニング、ミケルソンとブレイディがペアとなり、前半9ホールはフォーボール(ベストボール)、後半9ホールは1つのボールを交互に打つアルタネート(ティショットは二人が打ち良い方を選択)で戦う。またラウンド中にホールマッチ以外の戦いも追加される予定だ。

主催するターナースポーツのウェブサイト、ブリーチャーリポートでは4人がリモートで揃ってインタビュー。ミケルソンはタイガーにグリーンジャケットを着せられた06年の写真をバックに、18年の第一回マッチでタイガーに勝ったトロフィーを持ち出して舌戦を仕掛けると、タイガーは昨年のマスターズチャンピオンの意地を見せようと「ちょっと寒いな」とグリーンジャケットを取り出し羽織ってみせ応戦する場面も。

メダリストGCはタイガーのホームコース。“タイガー・ティ”と呼ばれるティイングエリアが存在する。「全員、タイガー・ティーでプレーするのか?」と聞かれると「少なくともプロふたりはバックティからだ」とタイガー。「コースは難しいさ。フェアウェイは広いがあちこちにブッシュがある」とミケルソンを威嚇した。

同マッチは1000万ドル(約10億8000万円)を新型コロナウイルス感染の前線で働く医療従事者へ、また中小企業を守るための基金などに直接届けられる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)