競技人口拡大には“プロゴルファーの先”を見せろ!プロレスラー棚橋弘至に学ぶスターへの10箇条

競技人口拡大には“プロゴルファーの先”を見せろ!プロレスラー棚橋弘至に学ぶスターへの10箇条

銀幕でも映えます!棚橋(左)と中里(右)(撮影:村上航)

昨年、空前の“渋野日向子”ブームで一躍注目されたゴルフ界。しかし、男子ツアーでは試合数や観客動員数が伸び悩むなど、人気の陰りがぬぐえないままだ。


かつて同じように“どん底”を味わいながら、見事なV字回復を果たしたのが「新日本プロレス」。2018年には売上高が過去最高額を達成し、20年1月に行われた東京ドーム2連戦では、計7万人超えの動員を記録した。

人気回復のため必要な物はなにか。ブーム再燃の立役者、新日本プロレスのエース・棚橋弘至選手に、ゴルフ界きってのプロレスファンである中里光之介が教えを請う!

【教訓その9、目指せハリウッド!? 競技人口拡大には“プロゴルファーの先”を見せろ!】

中里光之介(以下、中里)「先ほどキッズの話もありましたけど(※その8参照)、今は若い人がゴルフをやらなくなっているんですよね」

棚橋弘至(以下、棚橋)「そうなんだ!高校のゴルフ部なんかは、多いイメージがあったけど」

中里「全体的には減っていると思います。なぜ大会に見に来てもらえないのかというのもそうだし、直していかないといけないなと思っています」

棚橋「やる楽しみと観る楽しみ、両方をうまく伝えられるといいですよね。ゴルフを知らない層を開拓して、楽しさや面白さをいかに伝えていくか」

中里「活躍して人気が出れば、“こういう夢が見られるんだぞ”というのを次の世代に見せることも、大切ですよね」

棚橋「そうですよね。ゴルフの競技人口だったり、プロゴルファーになりたいお子さんを増やしていくことはとても大事。僕の場合は、武藤敬司さんたちを観てプロレスラーになりたいと思った。今プロレスラーになりたい子供を増やすためには、“プロレスラーとして活躍しました“という所の先を見せないといけない」

中里「先、というと?」

棚橋「レスラーになりました、という所から、チャンピオンになりました、テレビに出ました、有名になりました、そして、映画の主演も務めました、みたいな(笑)」

中里「そうだ、映画も主演されましたよね!」
(※2018年公開「パパはわるものチャンピオン」で初主演)

棚橋「プロレスラーになったら、その先どうなれるかを見せられたら、よりプロレスラーになりたいお子さんが増えるかなと。それが、まさに僕の仕事かなと思っています。
映画の主演もして、本も出して。あと残ってるのは何かなあ…、ハリウッドかな(笑)」

中里「そうなったら日本のプロレス界初ですかね!?楽しみにしてます!(笑)」

(※取材は3月23日に実施致しました)
■棚橋弘至(たなはし・ひろし プロレスラー)
1976年11月13日生まれ、岐阜県出身。99年に立命館大学を卒業し、新日本プロレスへ入門。同年10月にデビューを果たす。IWGPヘビー級王座に何度も君臨。「100年に一人の逸材」というキャッチフレーズで知られ、現在もエース選手として活躍している。

■中里光之介(なかざと・こうのすけ プロゴルファー)
1992年8月16日生まれ、東京都出身。杉並学院高等学校卒業。高校3年生でプロ宣言し、13年にはアジアンツアーに参戦。16から17年にかけて男子下部ツアー(現AbemaTVツアー)で計3勝をマーク。19年はQTランク2位でレギュラーツアーに参戦、「フジサンケイクラシック」10位タイなど成績を残した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)