国内女子下部の「ユピテル・静岡新聞SBSレディース」が延期 昨年は藤田光里がV

国内女子下部の「ユピテル・静岡新聞SBSレディース」が延期 昨年は藤田光里がV

昨年は藤田光里が優勝した(撮影:上山敬太)

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は15日(金)、6月19日から3日間の日程で開催予定だった国内女子下部ツアー(ステップ・アップ・ツアー)「ユピテル・静岡新聞SBSレディース」の日程延期を発表した。


この日、主催のJLPGAが共催者の株式会社静岡新聞社、静岡放送株式会社との連名で発表したリリースで、「大会事務局では、新型コロナウイルスの感染拡大および政府発令の緊急事態宣言を受け慎重に検討を重ねてまいりましたが、選手、ギャラリー、ボランティア、関係者のみなさまの安心、安全確保のために開催を延期することにいたしました」と理由を説明している。延期日は未定。

昨年大会では、2日目に1打差3位につけた藤田光里が最終日に「66」をたたき出して逆転。ステップ初優勝を果たした。

同ツアーは、すでに「九州みらい建設グループレディース」、「静ヒルズレディース 森ビルカップ」、「ツインフィールズレディース」、「日医工女子オープン」、「Skyレディース ABC杯」の5試合が中止。また「rashink×RE SYU RYU/RKBレディース」(新日程は未定)、「フンドーキンレディース」(11月10日〜12日)、「ダイクレレディースカップ」(11月4日〜11月6日)の3試合も延期になることがすでに決まっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>