PGA資格認定プロテストの実施方法が変更 2次予選と最終のみに

PGA資格認定プロテストの実施方法が変更 2次予選と最終のみに

PGA資格認定プロテストの実施方法が変更された(撮影:ALBA)

日本プロゴルフ協会は22日(金)、新型コロナウイルス感染拡大に伴い開催を延期していたプロテストの実施方法を今年度のみ変更したと発表した。


例年はプレ予選、1次予選、2次予選、最終と4段階に分けて行われていたが、今年度は2次予選、最終の2段階のみに。それに伴い日程も2次が8月下旬から10月上旬(6会場。3日間・54ホールストロークプレー)、最終プロテストは11月17日〜20日(4日間・72ホールストロークプレー)の予定となった。

今回の変更に伴い、申し込み受付期間も5月28日から6月30日に延長したと合わせて発表された。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)