米ツアーに激震! キャディが『陽性』でケプカも大会を棄権 ツアーは「フィットネスWhoop」を1000個導入へ

米ツアーに激震! キャディが『陽性』でケプカも大会を棄権 ツアーは「フィットネスWhoop」を1000個導入へ

「RBCヘリテージ」に出場していたブルックス・ケプカと、今回『陽性』が判明したキャディのリッキー・エリオット(撮影:GettyImages)

<トラベラーズ選手権 事前情報◇24日◇TPCリバー・ハイランズ(米コネチカット州)◇6841ヤード・パー70>

トラベラーズ選手権の会場は激震に見舞われている。開幕前日の24日(水)、世界ランキング4位のブルックス・ケプカ(米国)も大会から棄権した。要因はキャディのリッキー・エリオットに新型コロナウイルス感染の『陽性』が確認されたため。


前日に同じくキャディに陽性が確認されたグレアム・マクドウェル(北アイルランド)が大会から棄権。ケプカは火曜日にそのマクドウェルと練習ラウンドをともにしていたことからキャディ、スイングコーチのクロード・ハーモンIIIも含め全員が再検査を受けた。ケプカらは『陰性』だったが、エリオットは『陽性』の判定を受け、「とてもショックだった」と米ゴルフウィーク誌が伝えている。

ケプカらは会場のTPCリバー・ハイランズ(コネチカット州)に到着した月曜日に検査を受けたが、「僕たち全員が『陰性』だった。何の症状もないし非常に健康」だと言う。しかし「出場選手の健康を守るのは僕らの役目。キャディは僕が全面的にサポートして、感染拡大にならないように努める」と大会からの棄権を決めた。

マクドウェルとキャディのケン・コンボイ、そしてエリオットは、6月15日にフロリダ州オーランドで近しい友人の葬儀に参列していることが確認されている。また、コンボイは再開初戦の「チャールズ・シュワブ・チャンレンジ」で予選落ちをした後の13日、フロリダ州に戻る移動に、マクドウェルのプライベートジェットに乗られずに民間の航空機を利用。「そのときに感染したのかもしれない」とマクドウェルはコメントしている。

マクドウェルは水曜日に受けた再検査で「陰性」が確認されたため、自宅のあるフロリダ州へと戻り自主隔離をする。

ツアー再開後、選手ではニック・ワトニー(米国)とキャメロン・チャンプ(米国)の2人が『陽性』判定。

ワトニーは症状がないものの、体調の異変を伝えたのは「フィットネスWhoop」というディバイスだった。腕時計のような形で手首や腕につけ、心拍数や睡眠時間など人間の生理データを毎日収集し解析。体の回復、疲労度や、睡眠の状況までアプリが伝えてくれる。ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジャスティン・トーマス(米国)、ザンダー・シャウフェレ(米国)ら多くのプロが愛用している。

米国男子ツアーはこれを1000個用意し、PGAツアー、コーンフェリー・ツアー、チャンピオンズツアーの選手、キャディ、及びオフィシャル、メディアなどのツアー関係者に配布することを決めた。感染拡大の防止に努めるとしているが、今後さらに感染者が増えるのではという不安な日々が続きそうだ。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>