<速報>石川遼はバンカーにつかまりボギースタート この日も“担ぎ”でプレー

<速報>石川遼はバンカーにつかまりボギースタート この日も“担ぎ”でプレー

石川遼が第2ラウンドをスタート(撮影:福田文平)

<JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント 2日目◇10日◇取手国際ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6766ヤード・パー70>

ツアー外競技ながら2020年の“男子国内初戦”となる「JGTO共催ゴルフパートナーエキシビショントーナメント」の2日目が進行中。昨年3勝をマークした石川遼は初日に首位と2打差につけ、第2ラウンドのスタートホールをボギーとしてスタートした。


帯同キャディなしのセルフプレーで実施されている本大会で、石川はこの日も自らバッグを担いで参戦。1番パー4は、ラフから打ったセカンドショットがバンカーにつかまり、3オン2パットのボギースタート。首位とは2打差を追いかけていく。

初日に8アンダー・単独首位につけたのは堀川未来夢。現在首位と1打差には市原弘大、池村寛世らが続いている。

昨年賞金王の今平周吾は4アンダーからのスタート。現在3ホールを消化してトータル5アンダーとなっている。

競技は予選落ちなしの2日間にわたって行われ、賞金総額は2000万円(優勝賞金360万円)。ランキングへの加算はないものの、賞金シード選手を含め96人の選手が出場している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>