ツアー屈指の天然娘 小祝さくら珠玉の名言集【現場記者の“こぼれ話”】

ツアー屈指の天然娘 小祝さくら珠玉の名言集【現場記者の“こぼれ話”】

これがウイニングパットを決めた瞬間です(撮影:佐々木啓)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界各国で中止が余儀なくされているゴルフトーナメント。国内女子ツアーは「アース・モンダミンカップ」で開幕することができたが、次戦の見通しは立っていない。そんな状況のなか、少しでもツアーに思いを馳せてもらおうとツアー取材担当が見た選手の意外な素顔や強さの秘訣、思い出の取材などを紹介。今回は北海道が生んだ天然娘の話を紹介。


本来であれば今週は「ニッポンハムレディスクラシック」が行われている予定でした。残念ながら新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年は中止となってしまいましたが、この第1回でゴルフ界に名前を売ったのが、当時高校3年生のアマチュアだった小祝さくらプロでした。初日にいきなり「65」を叩き出して首位発進を決めると、最終日は逃しあぐねたもののトータル5アンダー・8位タイ。すでに優勝経験のあったこちらも当時アマチュアだった勝みなみプロを尻目に、ベストアマに輝きました。

それ以降の活躍はご存知の通り。プロテストに一発合格、ルーキーイヤーから2位に4度入るなど賞金ランキング8位に入ると、さらに翌年「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース」で初優勝を挙げるなど、一気にツアーの中心選手となりました。

一方でクラブを握っていないときは、みんなから愛されるちょっぴり天然な22歳。言葉選びも独特で、取材していて本当におもしろいプロなんです。ということで、今までニュースなどに収めきれなかった発言の一部をご紹介したいと思います。

・2017年、最終プロテスト初日に大叩きをして
「77というスコアは何年ぶりかな、というスコアでしたが、そういうこともあるのかなって」

・パッティングのヒントをつかもうと男子ツアーを観戦しての感想
「自分の打ち方と、人の打ち方は違うので…、つかめるものはあまりなかったです」

・2018年サマンサタバサレディース2日目に「首位ですが」と報道陣に言われて
「そうなんですか?」

・気温36.9度と相当な暑さとなった瀬田ゴルフコースについて
「人の住むところじゃない」

・気温36.9度のなか「62」を叩き出した後半のプレーについて
「眠くなってきました」

・小樽カントリー倶楽部で行われるニトリレディスの意気込みを聞かれて
「このコースで勝てたら本当にうまい選手というイメージなのですが、自分にはまだまだその実力がないと思っているので、勝てたらたまたまとしか思えないですね」

・自分の記事を見ない理由を聞かれて
「自分の顔を見たくないんですよね。好きなところなんて一切ないですから」

・トータルドライビング部門で1位につけていることを聞かれて
「どうして1位なのかよく分からなくて…」

・優勝の瞬間にガッツポーズをしなかったことについて
「どういう風にしたらいんだろうって思って。じゃあいいやって」

・優勝会見で「今日が一番人生でうれしい1日ですか?」と聞かれて
「いえ、去年、ファンのBTS(防弾少年団。K-POPの歌手グループ)のライブのチケットがいい席だったときのほうがうれしいです」

・プレーオフで涙を流して1年後の試合を迎えて
「かなり前のことで、何もなかったような感じですね」

・アース・モンダミンカップが無観客試合となり、いつも帯同している母がいないことについて
「リラックスしてできました」

いかがですか。シブコ節に負けない“さくら節”ではないでしょうか。これでもほんの一部です。これらの言葉たちは、取材する我々にとってまさに一服の清涼剤。次はどんな発言をしてくれるのだろうと毎回期待してしまいます。

個性派ぞろいの黄金世代のなかでも、ひと際個性が強い小祝プロ。また独特な小祝ワールドを取材ができる日を待ちわびています。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>