韓国マッチプレーにイ・ボミ、キム・ハヌルら出場 初日は韓国チームが4勝でリード

韓国マッチプレーにイ・ボミ、キム・ハヌルら出場 初日は韓国チームが4勝でリード

キム・ハヌルはM・J・ハーとタッグ 初日は引き分けに(2019年撮影)(撮影:GettyImages)

<オレンジ・ライフ選手権 インビー・パーク招待 初日◇7日◇ブルーワン・ザ・オナーズCC(韓国)◇6518ヤード・パー72>

韓国女子ツアー「オレンジ・ライフ選手権 インビー・パーク招待」が7日に開幕。今大会は日本女子・米国女子ツアーと韓国女子ツアーの2チームに分かれ、3日間18ホールマッチプレーで争われる。


フォアボール形式(ペアのうち良い方のスコアを採用)で行われた初日は、6ゲーム中4ゲームで勝利を奪った韓国女子ツアーチームが4.5ポイントを奪取。1勝4敗1分けに終わった日本&米国女子チームは1.5ポイントと大量ビハインドを背負うことになった。

昨年の日本女子ツアーで2勝を挙げたペ・ソンウは元世界ランキング1位のユ・ソヨンとタッグを組んだが、2&1で敗戦。イ・ミニョンはリオ五輪金メダリストのインビー・パーク、申ジエはイ・ジョンウン6と組んだが、それぞれ3&2、1ダウンで敗北を喫した。キム・ハヌルはM・J・ハーとのペアで挑んだが、こちらは引き分けに終わっている。

イ・ボミは初日に出場せず、2日目にイ・ミヒャンとタッグを組む予定となっている。

2日目はフォアサム形式(ペアが1つのボールを交互に打つ)、3日目はシングルスマッチで雌雄を決する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)